メロンって贅沢な雰囲気が感じられるフルーツで近年ではですが、お手頃価格な品種も数多く流通されており多くの方が味わう事ができるようになりましたね。

そんなメロンにはどんな種類があるのかご存知でしょうか?、メロンの種類の中には「マルセイユメロン」というどこかフランスっぽい名前のメロンもあるのです。

そこで今回は【フランスと関係がある?】、【マルセイユメロンってどんなメロン?】についてご紹介致します。

マルセイユメロンとは?


「マルセイユメロン」と聞くだけで多くの方が「フランスのマルセイユで誕生したメロン」とイメージされるはずですが、マルセイユメロンは列記とした日本生まれのメロンなのです。

マルセイユメロンは、1999年に「サカタのタネ」から誕生した日本生まれのメロンとなっています。

フランスとは関係がないの?

黒板
日本生まれのマルセイユメロンは、名前に「マルセイユ」と付いているがフランスと関係ないの?と感じてしまいますよね。

マルセイユメロンは他のメロンには見られない南瓜のような大きな縦溝が観かけられ、この縦溝はフランスのシャラントメロンという品種に観られる事で親品種がフランス生まれ?とも思えるメロンです。

もしかしたら、日本生まれのメロンですが、フランス生まれの系統が含まれている可能性も考えられます。

旬の時期は?

マルセイユメロンは寒冷地や温暖地を問わず栽培しやすいメロンとされていて、温暖地では5月頃、寒冷地では7月頃から収穫が行われますが、最も美味しい時期は6~7月頃となります。

マルセイユメロンの味や形などの特徴は?

ポイント
マルセイユメロンは、まるで南瓜のような深い縦溝が特徴的な外観となっています。

玉の大きさはメロンの中でも小ぶりサイズとなりますが、果肉は濃厚なオレンジ色で強い甘味を楽しむ事ができ、また果汁もたっぷりと詰まっており、滑らかな口あたりのメロンです。

マルセイユメロンは主にどこで生産されているの?

考える女性

マルセイユメロンは長崎県や福井県と全国各地で栽培が行われていて、温暖地だけでなく、寒冷地においても栽培が可能となっている品種です。

マルセイユメロンは家庭菜園できるの?


濃厚な味わいと特徴的な外観を持つマルセイユメロンは家庭菜園でも栽培できるのか気になりますよね。

マルセイユメロンは環境を選ばず栽培も比較的簡単な事で家庭菜園でも栽培する事ができますので、家庭菜園を趣味とされている方は是非マルセイユメロンを栽培されてみては如何でしょうか。

あとがき

マルセイユメロンはフランスとは関係ない?とは言い切れないかも知れませんね。

日本生まれのメロンとなっていますが、他の品種と違う外観をしており一度は味わって欲しいメロンとなっています。

家庭菜園でも栽培が可能となっているので、ご自宅で港町「マルセイユ」の雰囲気を感じられてみては如何でしょうか。

▶ メロンの栄養価と期待できる効能は?

▶ メロンの旬の季節はいつから?実は品種によって時期が違う?