いちご
いちごは甘酸っぱいジューシーな果汁がとても魅力的な果物となっていますよね。

さて、いちごを食べる時、ヘタの部分は取り除き赤い果肉だけを食べている方がほとんどですよね。

しかし、いちごのヘタも一緒に食べている方もいらっしゃるのです。

そもそも、いちごは食べられるのか?そして食べても大丈夫なの?と感じてしまいますよね。

そこで今回は【いちごのヘタは食べてる?捨てる?】【いちごのヘタを食べる事で得られる効能とは?】についてご紹介致します。

いちごのヘタは食べる派の人の意見は?

教師の画像
いちごのヘタを食べるという方は多くいらっしゃいます。

まず、取り除くのが面倒という方がいらっしゃいます。

ヘタを取るのは意外と難しいですよね。

その為、果肉と一緒に食べるという方がいらっしゃいます。

また、「食べる事が気に掛からない」という方もいらっしゃいます。

いちごのヘタは柔らかいので、食べても食感が気に掛かる事はありません。

そんな事で、ヘタも一緒に食べるという方がいらっしゃいます。

ヘタにも栄養がある

いちご狩りに来た女性

実はいちごのヘタには栄養がある事をご存知でしょうか。

葉緑素

葉緑素は緑色の色素で、いちごのヘタは勿論、緑色の植物に含まれている成分です。

葉緑素には胃腸の回復や殺菌・脱臭効果があり、人体だけではなく、日常的にも活躍している成分です。

ほうれん草や春菊といった食品にも含まれており、意外と身近な成分でもあります。

ビタミン

いちごはビタミンCがたっぷりと含まれていますが、ヘタの部分にもたっぷり含まれています。

美容効果や免疫力アップに効果的ですね。

海外ではヘタは普通に食べられている

ポイント
いちごを食べる時、ほとんどの方がヘタを取り除いていらっしゃいますよね。

この食べ方は、日本人にとっては当たり前の食べ方ですよね。

しかし、海外の方の視点からは「どうして取り除くの?」と思われているのです。

なぜなら、海外ではいちごのヘタは取らないで、そのまま果肉と一緒に食べているからです。

いちごのヘタは特にクセや青臭さがない事で、そのまま食べる食文化となっているのです。

いちごのヘタは捨てる派の人の意見は?

いちご
いちごのヘタを捨てるという方は多くいらっしゃいますよね。

まず、根本的にヘタは「草」という認識があり、食べないですよね。

さらに「青臭さがある」「クセがありそう」なんて意見の方もいらっしゃいます。

また「汚いのでは?」という方もいらっしゃいますよね。

残留農薬やトキソプラズマなどの菌が心配

ポイント
いちごのヘタは食べても気にならない事や栄養素が含まれている事で「今度から食べよう」なんて方もいらっしゃいますよね。

しかし、ヘタの部分に残留農薬やトキソプラズマ菌が付着しているのでは?と心配になる方もいらっしゃいますよね。

いちごのヘタを食べる際にはしっかりとヘタの裏側を洗う事や、食材対応の洗剤で洗うとキレイに落とす事ができ、安心して食べる事ができますね。

私の意見は

教師
私はいちごのヘタは「食べません」。

いちごは赤い果肉部分だけを味わうという観念があり、ヘタは取り除きます。

また、「葉っぱを食べている」というイメージがあり、取り除いて食べます。

あとがき

いちごのヘタは海外では普通に食べている部分だと初めて知った方もいらっしゃいますよね。

しかも、意外と栄養豊富。

イチゴのヘタをそのまま食べるのが苦手という方でも食べられるレシピが知りたいですよね。

▶ いちごのヘタのとり方!実は簡単に取れる裏技があるって本当?

▶ いちごが嫌いな人って意外といる!その理由とは?



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください