初夏の訪れは多くの味覚の訪れともなりますね。

4月から5月に掛けてスーパーで並べられる伊予柑もそんな味覚の一つです。

伊予柑は甘酸っぱさとみずみずしい果肉が魅力的ですが、いざ食べようと皮を剥き口に入れた瞬間「パサパサしている」なんて感じた事はありませんか。

伊予柑といえば、サクサクとした食感とみずみずしさが美味しさとなっていますよね。

でも稀にパサパサしている伊予柑に出会ってしまう事もあります。

そこで今回は【どうして伊予柑はパサパサしてしまう事があるのか?】

について触れてみたいと思います。

Sponsored Link

いよかんがパサパサしてしまう原因は?

黒板
伊予柑を食べようと皮を剥いてかぶり付いた瞬間「パサパサして美味しくない」と感じることがありますよね。

購入する時はみずみずしいフレッシュな伊予柑をイメージされていると思われますが、パサパサしているとガッカリしてしまいます。

でも、伊予柑の果肉がどうしてパサパサになるのかご存知でしょうか。

これにはさまざまな原因があります。

まずは収穫時期です。

収穫時期は早すぎてしまうと酸味が強かったり、大きさが不十分になってしまいますが、収穫が遅くなってしまうと果肉の水分が抜けてしまいパサパサになってしまうのです。

これは、購入してからすぐに食べないで、しばらく放置しても同じ現象が起こります。

また、栽培環境も原因の一つとなります。

伊予柑だけでなく、柑橘類をみずみずしく栽培させるには温暖な機構が重要な要素ともなります。

しかし、日中も気温が高くならなく、低温状態が続いてしまうと十分な栄養が行き届かなく、収穫時期を迎えてもみずみずしさの無いパサパサの伊予柑になってしまうのです。

Sponsored Link

いよかんがパサパサしていないか見分ける方法はあるの?


ほとんどの方は皮を剥いて食べる時にパサパサにきがつきますよね。

でも、購入時にみずみずしい伊予柑を購入したいと思いますよね。

そこで、パサパサしていない伊予柑の見分る方法があるのか気になりますよね。

勿論、ありますよ。

まず、手に持った時に重量感がある伊予柑です。

重みが感じられる伊予柑ほど、水分がたっぷりとなっており、みずみずしい伊予柑を味わえます。

そして、皮にハリや艶のある物が良いですね。

また、色がより濃厚となっている事も大切ですね。

パサパサしている伊予柑を美味しく食べる方法は?

考える女性
パサパサしている伊予柑を購入してしまうと、捨ててしまう過多もいらっしゃいますよね。

そこで、パサパサしている伊予柑を美味しく食べる方法をご紹介します。

【簡単伊予柑の砂糖漬け】

1.伊予柑1個の皮を剥き、果肉を程よい大きさにする

2.伊予柑をタッパー等に入れ、砂糖を大さじ2程入れよく馴染ませる

3.冷蔵庫で1~2日程馴染ませたら完成

パサパサしていた伊予柑も砂糖によってしっとりさがアップし、美味しく食べる事ができます。

あとがき

伊予柑がパサパサしてしまうのには、さまざまな原因が考えられます。

パサパサしていない伊予柑を購入時に見分ける方法もあるので、是非活用してください。

また、パサパサしている伊予柑であっても美味しく食べる方法があるので、諦めないでくださいね。

▶ いよかん(伊予柑)は栄養豊富?食べ過ぎると太る?

▶ いよかんの収穫時期や旬の時期はいつなの?美味しい名産地はどこ?

Sponsored Link