皆さんはどんな柑橘類を食べていらっしゃいますか。

みかんやオレンジと数多くの柑橘類がありますが、初夏の訪れを感じさせてくれる「伊予柑」も人気の高い柑橘類ですよね。

伊予柑をたくさん食べている方もいらっしゃいますが、どんな栄養が含まれているのかご存知でしょうか。

そこで今回は【伊予柑は栄養が豊富な柑橘類なのか?】【伊予柑の食べ過ぎは太ってしまうのか?】

についてご紹介致します。

いよかんに含まれている栄養と期待できる効能は?

教師の画像

ビタミンC

ビタミンCは美容維持を気にかける方にとって欠かせない成分ですよね。

ビタミンCには、強い抗酸化作用があり、シミやシワ、くすみの原因となる細菌の退治に効果的です。

さらに肌細胞を活性化させる働きがあり、肌のツヤや針の維持にも欠かす事ができません。

特に、年齢を重ねるほどに減少してしまうハリは、シワや実年齢よりも上に見られてしまう原因となりますよね。

ハリの維持に欠かせないコラーゲンを作り出すには、ビタミンCが必要とされており、アンチエイジング効果バツグンの成分なのです。

クエン酸

伊予柑を食べると「酸っぱい」と感じてしまいますよね。

これは伊予柑に含まれているクエン酸による酸味です。

クエン酸には体内をアルカリ性に戻す働きがあります。

ストレスや疲労を感じてしまうと、体内では乳酸という物質が分泌され、酸性へと変化してしまいます。

体内が酸性になると、疲れ易さや消化器官の働きの低下、血流の悪循環、代謝の低下と多くの原因に繋がってしまいます。

クエン酸を摂取する事で疲れにくい体質や多くの病気や症状の予防や改善が期待できます。

ナリンギン

ナリンギンは高血圧予防や生活習慣予防といった多くの症状の予防効果を期待する事ができます。

果肉部分よりも、皮に多く含まれています。

伊予柑を食べ過ぎると太る?カロリーは?


伊予柑ってさっぱりとしているので、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。

そこで気になるのが「伊予柑のカロリー」ですよね。

伊予柑の1個あたりの可食部は約70calとなっています。

多くの果物と比較するとカロリー数は低い方なので、低カロリーと言えますね。

伊予柑1個に含まれている糖質は約10gとこれも含有量は少ない果物と言えます。

しかし、さっぱりとした味わいとなっており、何個も食べてしまうと糖質の摂取過多となり、太る原因に繋がってしまいます。

食べ過ぎると他に体に悪いことってあるの?

考える女性
伊予柑は多くの栄養が含まれていますが、食べ過ぎると体に弊害があるのか心配になりませんか。

伊予柑には沢山のビタミンCが含まれていますが、ビタミンCの摂取過多は肝機能の働きを低下させてしまい、消化不良により腹痛や嘔吐、下痢といった症状が起こる可能性があります。

あとがき

伊予柑は栄養素が豊富な果物となっていますが、食べ過ぎは糖質の摂取過多となってしまうので、食べ過ぎは禁物ですね。

「もっと食べたい」と思っても、1日1個位を目安とするのが丁度良いかも知れませんね。

▶ いよかんがパサパサ(スカスカ)して美味しくない!その原因と対処法は?

▶ 犬にいよかんを食べさせても大丈夫?お腹を壊したりしない?