「メロン」と聞くだけでちょっとした贅沢な気分になりますよね、甘みが凝縮し、たっぷりの果汁が口いっぱいに広がり、至福のひと時を楽しませてくれますね。

さて、メロンの旬の時期ってご存知ですか?、旬ともなると甘みや果汁がアップし、最高の味わいを楽しむ事ができますね。

そこで今回は【メロンの旬の時期とは?】【メロンは品種によって時期が違うって本当?】についてご紹介致します。

一般的にメロンの旬の時期はいつぐらいなの?

調べる
メロンは自宅用として購入される方もいらっしゃいますが、贈答用としても人気が高い食材ですが、そんなメロンの旬の時期っていつなのかご存知ですか。

一般的にメロンの旬は【5~7月頃】とされていて、温かい地域では4月頃から収穫が始まり、夏の時期に出回ります。

露地栽培ものはこの時期が最も美味しい時期となりますが、ハウス栽培ものは種類によって通年で食べる事もできますね。

実は品種によって旬の時期って微妙に違ったりするって本当?

メロンは品種によって旬の時期が微妙に違う食材でもあるのです。

マスクメロン

一般的に食べられる事が多いメロンの代表格とも言える品種です。

マスクメロンはハウス栽培の温室によって栽培される事が多く、通年で食べる事ができます。

夕張メロン

北海道の大自然で育まれた北海道を代表するメロンでもあり、オレンジ色の果肉で甘味を存分に楽しめる品種です。

6~8月頃が旬となります。

プリンスメロン

小ぶりながらオレンジ色掛かった果肉は甘味がとても楽しめます。

5~6月が旬となります。

アンデスメロン

網目模様の美しさと薄緑色の果肉はメロンの旨味が凝縮されています。

「アンデス」という名前から南米「アンデス山脈」が原産と感じてしまう方がいらっしゃいますが、「食べて安心なメロンです」と消費者に向けて安心安全を伝えている事が名前の由来となっていて、お手頃価格でご家庭でもよく食べられている品種ですね。

アンデスメロンの旬は5月初旬~6月下旬となっています。

輸入されているメロンはいつでも食べられる?


国産メロンは多くの品種が流通されていてそれぞれで旬の時期がありますが、輸入されているメロンは時期を問わずいつでも食べる事ができるのか気になりますよね。

輸入メロンの代表格でもある「ハネジューメロン」はアメリカ産が7~10月、メキシコ産が11~6月とされている事で通年で味わえる品種です。

価格も200~300円程と国産メロンよりも安価になっている事で、食べられる事も多い品種ですね。

買ったメロンの食べ頃ってどうやって判断すればいいの?

ポイント
メロンを買われた時、どのように食べ頃を判断されていますか?

やっぱり甘くて柔らかくてジューシーな食べ頃を味わいたいですが、そんなメロンの食べ頃を判断する方法は沢山あるのです。

あとがき

メロンは品種によって旬の時期は微妙に異なりますが、主に夏場が旬を迎える食材となっています。

メロンの品種によって美味しさや味わいが全く違うので、自分好みのメロンを見つけてみては如何でしょうか。

▶ メロンの保存方法はどうするのがいいの?日持ちさせるコツは?