ちょっとした贅沢や贈答品として食べる事が多いメロンは、芳醇な香りだけでなく甘味が凝縮あれた果肉からはたっぷりの果汁が溢れ出してきますよね。

さて、メロンを頂いたり購入した時にどのように保存されていらっしゃいますか?、メロンの保存方法ってなかなか解らないですよね。

そこで今回は【メロンの保存方法とは?】【メロンを日持ちさせるコツとは?】についてご紹介致します。

メロンの保存期間は?

教師の画像

常温保存がオススメの理由は?どのぐらいの温度が適しているの?

メロンは購入してからすぐ食べるよりも少し放置させた方が追熟によってしっかりと完熟する為、メロンは常温保存がオススメとされています。

完熟状態になっていないと果肉は固く甘味も十分に無い状態なので、通気性のよい冷暗所で20~25℃程の常温保存が理想的ですね。

まだ完熟状態になっていない状態の保存期間は【1週間】、食べ頃だと【2~3日】となります。

冷蔵保存って実はいけない?どのぐらい保つの?

メロンは冷蔵保存させてはいけません!

まず、冷蔵庫に入れてしまうと追熟が止まってしまい未熟状態のメロンは固くて甘味がありません、しかも一度冷蔵庫に入れてから常温に放置して追熟が進む事が無いのです。

完熟状態であれば、冷蔵保存させてもよいですが、未熟状態では冷蔵保存させてはいけません。

ただ、既にカットした状態メロンであればしっかりとラップに包み、密閉性の高い袋やタッパーに入れると【2~3日】の保存期間となります。

冷凍はできるの?

メロンは冷凍保存できるのか気になると思いますが、メロンは冷凍保存が可能です。

冷凍保存させる場合には、皮や種を取り除きフリーザーパックに入れるとよいですが、完全解凍させてしまうと、果肉がベチャベチャになってしまうので、半解凍のシャーベットで楽しむとよいです。

また、完熟し過ぎたメロンであればミキサーでジュースにしてから冷凍しても美味しく食べる事ができます。

これらの方法でメロンを冷凍保存させると【1か月】の保存期間となります。

メロンを日持ちさせるコツとやってはいけないこととは?


メロンをより日持ちさせるコツは、切らずに10℃以下の涼しい場所で保存させる事で、この方法が美味しさを損なわせず日持ちさせる方法となります。

また既に切られていたり、完熟し過ぎているメロンであれば砂糖と一緒に煮詰めてジャムにすると日持ちしますね。

そしてメロンを保存させる上で行ってはいけないのはスイカと一緒に保存させる事で、丸ごと1個のメロンと丸ごと1個のスイカを保存させてしまうとスイカが爆発してしまいます。

これはメロンからエチレンガス」が発せられている事で、スイカ内部にガスが溜まって爆発してしまうのです。

特に通気性の悪い冷蔵庫に一緒に入れてしまうと爆発が起こってしまいますが、既にカットされているスイカであれば爆発の危険性はありませんね。

あとがき

丸ごと1個のメロンは冷蔵庫ではなく常温保存がオススメな保存方法となっています。

カットされたメロンであれば冷蔵庫や冷凍庫でも保存できますが、長い期間は保存できないので、早めに食べるとよいですね。

また、メロンをスイカと一緒に保存すると爆発する危険性があるので、十分注意してください。

▶ スイカとメロンって似ているようで実は全然違うって本当?

▶ メロンの栄養価と期待できる効能は?