ちょっとした贅沢な雰囲気が感じられるメロンはとても人気が高い食べ物で、一口頬張ると甘くてジューシーな味わいが広がり、口いっぱいに芳醇な香りが漂います。

さて、普段どのようなメロンを口にされていらっしゃいますか?、メロンにも多くの種類がありますが、「アールスフェボリット」という品種も高い人気となっています。

そこで今回は【アールスフェボリットというメロンの味や特徴とは?】についてご紹介致します。

アールスフェボリットは実はマスクメロンの一種で日本に馴染み深い?

教師の画像
メロの種類って解る?という問いに「マスクメロン」や「夕張メロン」という言葉がよく出てきますが「アールスフェボリット」という種類はあまり解らない方が多いと思われます。

実はアールスフェボリットは多くの方がご存知なマスクメロンの一種で、日本に馴染み深いメロンとなっているのです。

寧ろ一般的に「マスクメロン」と呼ばれている物の多くが、このアールスフェボリットとなっており、贈答用としても馴染み深い種類となっています。

元々イギリスが発祥のメロンだけれど今は日本でしか栽培されていない?


アールスフェボリットは、現在日本でしか栽培されていない種類となっていますが、元々イギリスで誕生したメロンなのです。

イギリスの伯爵かが好んで食べたメロンとなっている事で「アール=伯爵、フェボリット=愛好物」からアールスフェボリットと名付けられたのです。

その後、1925年に日本へ初めて導入され、日本各地で栽培が広まった種類となっていますが、イギリスでは現在栽培が行われていない種類となっています。

アールスフェボリットの味の特徴は?

ポイント
アールスフェボリットは、メロンの品種の中でも濃厚な甘味が特徴的なメロンです。

一般的にメロンはビニールハウスで栽培が行われていますが、アールスフェボリットはガラス製の温室にて栽培が行われていて、温室をガラス製にする事でビニールハウスよりも太陽光の日差しが入りやすくなっており、この日差しが濃厚な甘味を作り出しているのです。

またアールスフェボリットはマスクメロンの一種となっていますが、「マスク」は香水でも知られている「ムスク」を現しており、ムスクのような芳醇な香りも魅力的となっています。

アールスフェボリットの旬の時期や主に栽培されている県は?


アールスフェボリットは、静岡県が国内生産量トップシェアを誇っていて、次いで茨城県や高知県を始め、全国各地で栽培が行われています。

アールスフェボリットは高級品とされている事で、温室栽培が主流となっているその為、通年を通して収獲が可能です。

中でも、5月のアールスフェボリットは甘味と芳醇な香りをより楽しめるとされています。

あとがき

高級品としても重宝されているアールスフェボリットはイギリス生まれの品種でありながら、現在では日本が栽培の主流ともなっているメロンです。

強い甘味と芳醇な香りは、とても大切に栽培された証ともなっており、是非贈答用として頂きたい逸品となっています。

▶ スイカとメロンって似ているようで実は全然違うって本当?

▶ メロンって英語で「melon」ではない?フランス語や中国語では?