夏の暑い時期には冷やしたスイカが堪らなく美味しくて、サクサクとした食感と後味スッキリの甘味が子供からご年配にまで大人気ですよね。

さて、スイカも大人気ですが「高級感」が漂うメロンも捨てがたいですが、スイカとメロンってとても似ているけれど全く違う食材なのです。

そこで今回は【スイカとメロンって似ているようで実は全然違うのか?】について触れてみたいと思います。

メロンとスイカってどっちが栄養価が高いの?

メロンもスイカも甲乙が付けられない美味しい食材ですよが、どっちが栄養価が高いのか気になりませんか?

メロン

メロンにはカリウムが含まれていて、体内の水分量や塩分量を利尿作用によって排出する働きがあり、浮腫みや高血圧予防に効果的です。

また赤肉のメロンの果肉にはβカロテンがたっぷりと含まれていて、免疫力を高める効果や体内に摂取されるとビタミンAへと変化するので、大きな美肌効果が期待できます。

さらにメロンにはタンパク質分解酵素が含まれており、消化力の促進を行う働きがあります。

スイカ

スイカにはカリウムが多く含まれており、浮腫みや高血圧予防に繋がります。

またスイカの赤い果肉にはβカロテンがたっぷりと含まれており、免疫力アップや美肌効果が期待できます。

さらにスイカの白い部分を捨ててしまう方が多くいらっしゃいますが、この部分には「シトルリン」という成分が含まれていて、血液の流れを促進する効果があり、冷え性や代謝アップ、動脈硬化予防とさまざまな効果を発揮します。
メロンもスイカも優れた栄養がたっぷりと含まれており、どっちが栄養価が高いとは言えませんね。

スイカとメロンって実は食べる部位が違うって本当?


スイカもメロンも甘い果肉を味わっていますが、これらの食べている部分って実は違うのです。

簡単に説明するとメロンの食べている部分はスイカの白い部分にあたり、メロンの食べられている果肉部分は中果皮で、皮人近い部分は内果皮と言います。

しかしスイカの食べられている果肉部分は内果皮で白い部分は中果皮にあたります。

メロンとスイカは食べている部分が全く違う食材なのです。

スイカとメロンは甘い部位が違うって本当?

黒板
スイカとメロンは甘い部位も違うのです。

まずスイカは真ん中の部分が最も甘味を楽しめる部位となっていて、真ん中が均等になるようにカットする事でどれを食べても甘味を楽しむ事ができます。

メロンも種のある中心部に甘味がありますが、収穫から流通までの間に甘味成分が底に下がってしまうので、メロンを横に半分にカットし、下の部位だけ食べると甘みを存分に楽しむ事ができます。

逆にスイカとメロンって似ているところはどこ?

スイカ
スイカとメロンは全く違う食材となっていますが、同じ「ウリ科」の食材なのです。

スイカもメロンもきゅうりやカボチャと同じウリ科の食材で、多くの違いがありますが同じウリ科の仲間だったんですね。

スイカとメロンは同じ場所に保管すると良くないと言われている理由は?

ポイント
スイカとメロンは同じ場所に保管すると良くないと言われています。

それは、メロンからはエチレンガスが出るからです、エチレンガスによりスイカ内部に堪ってしまい、逃げ場を失うと爆発してしまいます。

特に、冷蔵庫内で丸まる1個のスイカとメロンを一緒に入れるのは危険で、メロンだけでなくリンゴやバナナもエチレンガスが発生するので注意が必要ですね。

あとがき

スイカもメロンも沢山の栄養が含まれた食材で、丸くて同じウリ科の食材で似ている部分が多くありますが、美味しさも食べている部位も全く違う食材なのです。

そんなスイカとメロンを一緒に食べるなんて贅沢もいいですが、くれぐれも一緒に保管しないように気を付けてくださいね。

▶ メロンの保存方法はどうするのがいいの?日持ちさせるコツは?

▶ メロンと瓜の違いとは?きゅうりやかぼちゃも瓜なの?