甘くてジューシーなメロンはみんな大好きな食べ物で、世界中の方から親しまれている存在ですが犬にも与えても良いのかご存知ですか。

犬を飼われている方にとっては美味しいメロンを犬にもお裾分けしたいと思われるでしょうが、人間には問題が無くても犬にとっては中毒になってしまう食べ物が沢山あるので気に掛かってしまいますよね。

そこで今回は【メロンを犬に食べさせると中毒になってしまうのか?】についてご紹介致します。

犬はメロンを食べても大丈夫なの?


犬にドッグフードだけでなく、人間が食べている物を与えている方が多くいらっしゃいますよね。

その中でも、犬にメロンを与えている方もいらっしゃいますが、犬はメロンを食べても大丈夫なのでしょうか?

【犬にメロンを与えても大丈夫】です。

メロンにはたっぷりのビタミンCが含まれているので免疫力アップに効果的です。

犬の多くが皮膚病や毛並みの悪化が問題となってますが、ビタミンCには免疫力を高める効果や肌細胞を活性化させる働きがあるので犬にとっても与えて欲しい栄養であり、またメロンには多くの水分が含まれている事や体温を下げる働きがあるので、夏場にピッタリな食べ物ですね。

犬にメロンを食べさせる時に注意することは?

メロンは、犬に与えても良い食べ物となっていますが、注意したい事が沢山あります。

与えすぎない

メロンの与え過ぎはとても注意が必要となります。

まず、メロンは比較的糖質が低い食べ物となっていますが食べ過ぎは糖質過多になってしまいまし、虫歯や肥満の原因になってしまうので与え過ぎには注意が必要です。

また、犬にとって本来糖質は不要な成分となっているので、与え過ぎは消化不良によって下痢が起こる可能性があります。

またメロンは甘味があるので犬はどんどん欲しがりますが、近年は室内犬も多く増えており、運動不足が問題の一つとなっています。

メロンの与え過ぎは肥満だけでなく、糖尿病の原因にも繋がってしまいますのでどんなに欲しがっても与えすぎには注意してください。

内臓に疾患ある犬には食べさせない

メロンにはカリウムが沢山含まれており、人間にとっては浮腫み解消や高血圧予防効果が期待できる成分となっています。

しかし、腎臓などが弱かったり内臓に疾患がある犬がカリウムを多く摂取してしまうと、高カリウム血症の症状が発生し、心不全や心停止といった死の危険性があります。

アレルギー

メロンを食べる事で反応し、アレルギー症状が起こるメロンアレルギーにも注意が必要で、メロンアレルギーは犬だけでなく人間にも発症する症状となっており、痒みや発疹、目の充血といった症状が観られます。

メロンを与えた後、このような症状が観られた場合にはすぐに獣医での診察が必要となります。

あとがき

メロンは犬に与えても問題の無い食べ物となっているので愛犬と一緒にメロンを楽しまれても良いですが、ただ与え過ぎは肥満や虫歯といった原因になりますし、内臓疾患があると健康被害に繋がる恐れがあります。

犬にがメロンを欲しがっても、適量を与える事を忘れないでくださいね。

▶ メロンの栄養価と期待できる効能は?

▶ メロンの旬の季節はいつから?実は品種によって時期が違う?