甘みとジューシーな果肉が魅力的なメロンは、そのままでも美味しいですがスイーツにすると絶品な味わいですよね。

さて、メロンを食べる時果肉だけを食べ皮は捨てていると思われますが、メロンの皮ってどうにかして食べれないのでしょうか?

そこで今回は【メロンは皮ごと食べても大丈夫なのか?】【メロンの皮は漬物にすると美味しい?】についてご紹介致します。

メロンの皮に含まれている栄養と期待できる効能は?

黒板

メロンを食べた後の皮って捨ててしいると思いますが、実は優れた栄養がメロンの皮には含まれているのです。

シトルリン

シトルリンはメロンの皮だけでなくスイカの皮にも含まれている成分でアミノ酸の一種です。

シトルリンは血流の流れを促進する働きがあり、血流の促進はさまざまな効能が期待できます。

まずは、冷え性の改善、代謝のアップによるダイエット効果や毒素、老廃物の排出、さらにはコレステロー値の軽減による生活習慣病予防と多くの効能が期待できます。

メロンの皮って食べても大丈夫なの?農薬とか心配・・・


メロンの皮に優れた栄養が含まれている事を初めて知った方も多いと思いますが、メロンの皮って農薬が付着していないのか心配になりませんか。

メロンの品質維持の為農薬が使用されて栽培が行われている事が多くありますが、農薬基準には厳しいチェックが行われているので、農薬が付着していても健康被害に繋がる事はほとんどありません。

しかし、農薬が気になる方はしっかりと流水で洗ったり、食材対応洗剤で洗うと良いですね。

メロンの皮の食べ方は?


メロンの皮って色々な食べ方ができますが、その中でも代表格と言えるのが「漬物」で、メロンの皮を剝いてきゅうり漬けのように塩漬けや味噌漬けにすると、白いご飯だけでなくお茶請けにもピッタリです。

また、メロンの皮は甘味がほとんど感じられないので、程良い暑さにスライスして油炒めにしても美味しく味わう事ができますし、ジューサーでジュースにしても美味しく味わう事ができます。

メロンはきゅうりと同じ、ウリ科の食材となっているので、きゅうりが美味しく味わえる調理法にすると良いですね。

赤肉メロンの皮の栄養は?


メロンの品種の中には夕張メロンのような赤肉の種類もあり、この赤肉のメロンの皮にはβカロテンがたっぷりと含まれています。

βカロテンは免疫力アップや美肌効果抜群の成分となっているので、余す事なく食べて頂きたいと思います。

あとがき

メロンの皮をこれまで捨てられていた方の中には「勿体無い事をしていた」と感じてしまう方もいらっしゃいますよね。

メロンの皮はとても栄養が豊富で、さまざまなアレンジで味わう事ができるので、是非活用して頂きたい部分となっています。

▶ メロンの栄養価と期待できる効能は?

▶ メロンの旬の季節はいつから?実は品種によって時期が違う?