お酒やスイーツでもお馴染みとなっている黄色い小粒が可愛らしい杏は人気の果実の一つですよね。

杏が使用された加工品はたくさんありますが、皆さんはどんな食べ方がお好きですか。

今回は【杏の人気の食べ方とは?】について触れてみたいと思います。

杏(あんず)の人気の食べ方は?

教師の画像

1位:ジャムにして食べる!

杏といえば杏ジャム(アプリコットジャム)が馴染み深いですよね。

パンは勿論、クラッカーやケーキ、ヨーグルトに混ぜても美味しく食べれちゃいますよね。

杏ジャムは甘さがありながらも、程良い酸味があるので飽きる事なく食べれる点が人気となっているポイントですね。

2位:あんず酒にして飲む

大人と言えばお酒、お酒と言えば梅酒も良いのですが、杏酒も人気が高いですよね。

杏種は風味が良くスッキリとした爽やかな味わいが堪らないですし、ストレートは勿論、ロックやソーダ割りとさまざまな楽しみ方ができますね。

杏酒は飲むだけでなく、お菓子の風味付けにもピッタリですよね。

3位:杏仁豆腐

濃厚ながらスッキリとした甘さで、プルッとした食感が堪らない杏仁豆腐は杏の種から作られたスイーツなのです。

甘味なありながら、スッキリとした後味が人気ともなっており、多くの方が自分へのご褒美として食べていらっしゃいますよね。

そんな杏仁豆腐も人気の食べ方となっていますね。

4位:コンポート

杏子のコンポートも人気の食べ方ですよね。

果肉が柔らかくなるまでシロップで煮込まれた杏はサクッとした食感がありながらもトロけるような口当たりですよね。

コンポートはヨーグルトと一緒に食べると美味しく味わえますが、冷たいバニラアイスと温かいコンポートとの組み合わせも抜群の美味しさです。

どこかオシャレさや高級感が漂う食べ方として人気になっていますね。

何故か生食は不人気?その理由とは?


杏子は加工品として食べるのが一般的ですが、生食はとても不人気なのです。

その理由は酸っぱさで、生の杏はとても酸味が強いのです。

その為、生食はとても酸っぱく人気がありません。

杏を生で食べたい!という方には生食用の杏がおススメです。生食用の杏は甘味が強く、美味しく食べる事が出来るのです。

ランキング外でおすすめの食べ方は?

ポイント

ドライフルーツ

杏と言えば「ドライフルーツ」もありますよね。

杏子のドライフルーツはあまり人気がない食べ方と思われがちですが、ドライにする事で甘味が凝縮され、濃厚な味わいが楽しめます。

またドライにする事で栄養価も豊富となり、美容や健康にも大きな効果が期待できちゃいます。

etc

杏子の美味しい食べ方ではスムージーもあります。

生の杏の種を取り、ジューサーでピューレ状にしたらリンゴやはちみつといった甘味の強い食材と一緒にスムージーにするだけ。

杏本来の香りも楽しめる食べ方となります。

まとめ

杏子はジャムを始め人気の食べ方が沢山ありますね。

皆さんは杏を食べる時、どのような食べ方をされてらっしゃいますか。

皆さんの食べ方を多くの方に知っていただき、杏の魅力を広めてみては如何でしょうか。

▶ 杏(あんず)って生食で食べられるの?皮ごと食べるの?

▶ 実は簡単!あんずジャムは電子レンジで短時間で作れるって本当?