ジャムや杏酒として人気が高い杏、加工品は数多くありますが、生の杏ってあまり見かける事がないですよね。

そもそも杏って生で食べる事ができるのか解らない方が多いですよね。

そこで今回は【杏子は生食で食べられるのか?生で食べるときは皮ごと食べるのか?】についてご紹介致します。

あんずってあんずジャムやあんず酒にするのが一般的?

教師
あんずを食べる時、ジャムやあんず酒で食べるのが一般的で、生のあんずってあまり日持ちしない果実の一つとなっています。

そんな事もあり、あんずは加工品として食べるのが一般的となっているのです。

生のあんずって食べられるの?あまり馴染みがない理由は?


加工品では馴染み深い杏ですが、生の杏って馴染みがありませんよね、そんな事から杏は生で食べる事ができるのか?と思ってしまいますよね。

【杏は生で食べる事ができます】

ただ生の杏はとても酸味が強いので食べた瞬間「酸っぱい」と感じてしまいます。

そんな事から杏は生食よりも甘い味付けの加工品が一般的に流通しているのです。

生食用のあんずとそれ以外のあんずがある?


杏には生食用の杏とそれ以外のあんずがある事をご存知でしょうか。

あんずは酸味が強いので生食には不向きな果実となっています。

そんな杏を改良し甘味が強く感じられる生食用の杏もあるのです。

生食用の杏はそのままでも充分に甘味を楽しむ事ができるので、ジャムやコンポートといった甘味の強い加工品には不向きとなっているのです。

生のあんずってどうやって食べるの?

ポイント
生食用の杏はとても甘い味わいが魅力的ですが、生食はあまり馴染みが無いので、どのようにして食べたら良いのか分からないですよね。

そこで生のあんずの食べ方をご紹介しちゃいます。

1.杏の中心にんは種があるので、種に沿って包丁で切れ目を入れる

2.杏をグルグルと捻ると身が割れる

たったこれだけで簡単に杏の種を取り除く事ができます。

そのまま冷蔵庫でひやして食べても美味しいですし、細かく刻んでヨーグルトと一緒い食べても美味しく食べる事ができます。

皮ごと食べるべき?皮はむいて食べるべき?


生の杏を食べる時、皮を剥くのか皮ごと食べるのか分からないかと思われますが、生の杏は皮ごと食べる事ができます。

ただ皮が気になる方は皮を剥いて食べると良いですね。

生のあんずの食べ方は?


生の杏はそのままは勿論、スムージーやアイス、ヨーグルトと和えるなど様々な方法で美味しく食べる事ができます。

また生の杏がたくさんある時はドライ杏にすると日持ちもするので長い期間で味わう事ができますね。

まとめ

生の杏が一般的に出回っていないのはとても酸味が強く美味しくないいからなのですね。

ただ杏には甘味の強い生食用もあります。

生食用の杏は皮ごと食べる事ができますので、ぜひ皮ごとかぶり付いてみては如何でしょうか。

▶ 実は簡単!あんずジャムは電子レンジで短時間で作れるって本当?

▶ 手作り杏ジャムは酸っぱくなる?酸味をやわらげるコツは?