桃はピンク色の美しい外観と口いっぱいに広がる甘酸っぱいジューシさが魅力的なフルーツですよね。

そんな桃が栽培されている時、桃全体を覆っている栽培袋がどうして必要なのか考えた事はありますか。

桃だけでなく、多くの果実は栽培時に袋が掛けられていますよね。

そこで今回は【桃の栽培袋がついている理由とは?】【有袋と無袋では甘さが違うのか?】について触れてみたいと思います。

無袋桃と有袋桃について徹底的に調べる!

教師の画像
桃が栽培される時、袋が被されている光景を目にされた方もいらっしゃいますよね。

でも、袋を被せずに栽培している桃農家さんもいらっしゃいます。

有袋と無袋ではどのような違いがあるのか調べてみました。

無袋桃、有袋桃ってどう呼ぶか分かりますか?


まず袋が被された状態で栽培されている無袋桃は【むたい桃】と呼びます。

袋が被された状態で栽培されている桃は有袋桃【ゆうたい桃】と呼びます。

無袋桃のメリット、デメリットは?

無袋桃として栽培された桃にはメリットとデメリットがあります。

メリット

桃と言えば、濃厚な甘いが堪らないですが、この甘味は太陽の日差しがしっかりと当てられた事で凝縮されます。

無袋だと太陽光を十分に浴びる事ができ、より濃厚な甘い桃の栽培が行えるのです。

また桃は芳醇な香りも魅力的となりますが、この香りも大きく引き出されます。

デメリット

袋が被されていないので、雨風により表面が傷つきやすくなったり害虫被害に遭いやすくなります。

その為、見た目としての価値は衰え、規格外商品や加工品での使用となる事が多くなってしまいます。

有袋桃のメリット、デメリットは?

考える女性

有袋桃として栽培された桃にもメリットとデメリットがあります。

メリット

桃はほんのりとしたピンク色の美しさで贈答品としても高い価値が付くフルーツです。

袋を被せる事で、見た目の美しさの維持に繋がり、商品価値の衰えの防止となります。

また、皮が無袋桃よりも薄いので皮ごと食べる事ができちゃいます。

デメリット

袋によって太陽光が遮断されてしまうので、無袋桃よりも甘味が衰えてしまいます。

無袋桃と有袋桃どういうふうに選べばいい?

ポイント
桃には無袋桃と有袋桃がありますが、購入する時どちらを選んだら良いのか気になるかと思われますが、使用用途で選ぶと良いですね。

ご自宅など皮を剥いた状態で食べるなら甘味がしっかりとしている無袋桃。

大切な方やお世話になった方への贈答品として購入するなら外観の美しさが重視された有袋桃で選ぶと良いですね。

まとめ

桃に袋が被された桃は有袋桃(ゆうたい桃)、袋が被されていない桃は無袋桃(むたい桃)と呼ばれているのです。

どちらも桃本来の甘さや美しさを最大限に引き出す為の栽培方法となっているのですね。

桃を購入される際には使用用途に合わせて購入する事がポイントとなりますね。

▶ 桃の産毛ってそのまま食べてもいいの?取り方ってあるの?

▶ 桃は追熟するの?それともしない果物なの?徹底解説!