桃って人気が高いフルーツですよね。甘くてジューシーでそのままだけでなくスムージやスイーツにもピッタリ。

さて、そんな美味しい桃を愛犬にも食べさせてあげたいと思う方もいらっしゃいますよね。

そもそも犬に桃を食べさせても大丈夫なのか気になりますよね。

そこで今回は【犬に桃を食べさせても大丈夫なのか?アレルギーや下痢の心配は?】についてご紹介しちゃいます。

基本的に犬に桃を食べさせても大丈夫!

教師
基本的には犬に桃を食べさせても問題はありません。

桃にはたっぷりのビタミンCが含まれていて、免疫力をアップさせる働きや皮膚組織の働きを活性化させる働きがあります。

犬の多くが皮膚病や病気によって脱毛といった悩みを抱えていますが、そんな犬にとってもビタミンCは欠かせない成分となり、桃を与えてあげると皮膚病予防や毛並みの維持に繋がります。

また桃にはミネラルやカリウムといった栄養も含まれているので、健康維持にもたべさせてあげたい食材となっています。

種はきちんと取る必要がある


犬に桃を与える際には種をしっかりと取る必要があります。

種も一緒に食べてしまう恐れがあり、喉に詰まったり腸内を傷つけてしまう事があります。

アレルギーがある場合もあるので注意は必要

ポイント
桃はアレルギーを含む食材なので、人間も桃アレルギーがあるとかゆみや発疹といった症状がでてしまいます。

アレルギーを持っている可能性がある犬に与える際には獣医などの専門家に相談してから与えたほうが良いですね。

食べさせすぎると下痢を起こす可能性も?


桃を食べさせすぎると下痢になる可能性もあります。

桃にはたくさんの食物繊維が含まれていて、腸内環境を整える働きや便秘解消といった効果が期待できますが、摂取過多は下痢を引き起こしてしまいます。

犬に桃を与える際には適量を守る事が大切ですね。

桃の缶詰はあまり食べさせるべきではない理由とは?


桃は犬に与えても大丈夫な食材ですが、「桃の缶詰」は控えたほうが良い食材となります。

これは桃に原因があるのではなくシロップに使用されている大量の砂糖が肥満の原因となってしまいます。

もし缶詰の桃を与える際にはしっかりとシロップを取り除いてあげる事がとても大切です。

桃の缶詰は犬にとってあまりお勧めの食材ではありませんが、生の桃も同じ事が言えます。

桃ってとても甘いフルーツですが、これは桃事態にも糖分が含まれているからです。

アレルギーや肥満の心配がなくても与えすぎは虫歯等の原因にも繋がりますので、犬が欲しがっても適量が重要となります。

まとめ

桃は犬に与えても大丈夫な食材となっています。

適量であれば犬の健康状態を良好にしてくれますが、与えすぎは多くの弊害の原因に繋がってしまいます。

また缶詰の桃は特に肥満の原因になりやすいので、あまり与えないほうが良いですね。

▶ 固い桃を柔らかくする方法を徹底解説!

▶ 風邪の時に桃缶を食べるといい理由とは?実は下痢の時はNG?