濃厚な甘酸っぱさとジューシーさが凝縮された桃は誰もが好きなフルーツですが、そんな桃を店頭で見つけるとやっぱり購入してしまいますよね。

でも購入した桃が固い物だった時、完熟状態になるまで追熟させたいと思いますよね。

そもそも桃って追熟するフルーツなのかどうなのか知らない方も多いハズ。

そこで今回は【桃は追熟するフルーツなのか?】について検証してみたいと思います。

桃は追熟する果物なの?


多くのフルーツは収獲後も放置させておくと完熟が進む「追熟」という作用があります。

では、桃も「追熟するフルーツ」なのでしょうか?、ご年配の方の中には「桃は追熟しない」と言われる方もいらっしゃいます。

そうなると「桃は追熟しないフルーツ」なのでしょうか。

実際の所、桃はしっかりと完熟状態になってから収穫されるフルーツとなっていますが【追熟するフルーツ】とされています。

桃を追熟させる方法を徹底解説!

教師
しっかりと完熟状態であっても固くて美味しく食べる事ができない桃も稀にありますよね。

そんな時こそ桃の追熟ですが、どのように桃を追熟させたら良いのかご紹介しちゃいます。

どうやって保存すればいいの?

追熟させる場合には【常温】での保存がオススメとなります。

冷蔵庫で保存させてしまうと桃の命とも言えるジューシーさが失われるだけでなく柔らかくなり難くなってしまいます。

新聞紙等でしっかりと桃を包み、風通しのよい場所での保存がよいですね。

どれくらいの日数置いておけばいいの?

桃の固さによって放置する日数が異なってきますが、全く柔らかさが感じられない桃であれば【2~4日程】。

少し固さが感じられる桃であれば【1~2日程】放置させると良いですね。

固さを確かめながら放置させないと、逆に柔らかくなり過ぎてしまい、果肉がベチャベチャになってしまう可能性があります。

食べごろなどの見分け方は?

最も美味しい桃はどんな状態なのかがとても気になりますが、まず桃のお尻の部分に柔らかさが感じられると食べ頃のサインとなります。

また、皮表面が少し薄く透けている状態も食べ頃となります。

追熟させても固い桃はどうすればいいの?

ポイント
固くて食べる事ができない桃を追熟させても固い場合がありますが、これ以上追熟させても果肉が柔らかくなり過ぎたり、腐ってしまうかも知れません。

では、追熟させても固い桃はどのようにしたら良いのかとても気になりますよね。

何か固い桃を美味しく食べる方法は無いのでしょうか。

まとめ

追熟しないフルーツである桃であっても、放置させる事で柔らかくする事ができちゃいます。

常温で様子を見ながら数日放置させると、美味しい桃に大変身します。

是非、購入した桃が固い時に参考にして頂きたいと思います。

▶ 桃は変色していても食べられる?黒いのは大丈夫?