ピンク色でちょっとお尻の形に似ている所がキュートな桃は、甘くてジューシーでみんなから好かれるフルーツの代表格とも言える存在ですね。

そんな桃の表面には沢山の産毛が生えていますが、産毛も一緒に丸ごと食べる事が出来るのか気になりませんか。

そこで今回は【桃の産毛は食べる事ができるの?、産毛の取り方って?】についてご紹介しちゃいます。

桃の産毛ってそもそもなんであるの?

調べる
フルーツたけでなく野菜も皮ごと食べた方が営養満点なんてよく耳にしますが、桃も皮ごと食べた方が栄養があるのではと感じる方もいらっしゃるのでは?

でも桃って皮に産毛がいっぱい生えていますよね。そもそもどうして桃には産毛が生えているのかご存知でしょうか。

桃の表面に生えている産毛は「毛じ(もうじ)」と呼ばれています。

毛じは桃に傷が付くのを保護する働きや日焼けを防止する働きがあり、さまざまな事から桃を守る為に無くてはならない存在となっているのです。

つまり私たち人間や動物の体毛と同じ働きをする産毛となっているのですね。

そのまま食べると痒くなったりアレルギーが出るって本当?


桃の産毛が付いたまま食べると口の周りや中が痒くなるなんて言う方もいらっしゃいますよね。

実際、桃の産毛を食べる事で痒みやアレルギーが発生するのか心配になってしまいますよね。

桃アレルギーを持っている方は産毛だけでなく果実を食べただけでも痒みやアレルギー症状が発生します。

桃アレルギーが無い方が産毛に触れても痒みが発生する事がありますが、これは産毛が皮膚に刺さってしまう事で発生する痒みとなっています。

産毛に触れた手を洗わないで皮膚を触ってしまうと痒みが発生してしまいます。

つまり、桃アレルギーの無い方であっても、産毛が皮膚に刺さる事で痒みが発生する事があるので注意が必要ですね。

桃の産毛があるなら桃は皮ごと食べないほうがいいの?


産毛に触れると痒みが発生する場合があるので「皮を剥いて食べれば大丈夫」と思ってしまいますが、皮にこそ栄養があるのでは?とも感じてしまいますよね。

どんな食べ物でも果実や果肉部分以上に皮に栄養が凝縮されている事が多くあります。

そうなると桃の皮にも栄養が含まれているのかがきになってきますよね。

桃の産毛を取るにはどうすればいいの?


桃を皮ごと食べたい!でも産毛が気になる!という方の解決策はやはり産毛をどのようにして取り除くかですよね。

でも、簡単に産毛を取り除く方法もあるんですよ。

それは流水で洗う方法で、桃の産毛は流水を掛けながら手で強く表面を擦るだけで落とす事ができちゃうのです。

産毛が刺さるのではという心配があるのであれば、布などで擦ってもOK!

たったこれだけで産毛を落とす事ができ、皮ごと食べる事ができちゃうのです。

まとめ

桃に生えている産毛はあらゆる事から実を守る為に生えている大切な存在となっているのですね。

産毛が皮膚に刺さると痒みが発生する可能性もあるので、皮ごと食べる際には流水を掛けながら手で擦ってから食べると、丸ごと食べる事ができますね。

▶ 固い桃を柔らかくする方法を徹底解説!

▶ 桃のジュースはネクターと呼ぶと勘違いしている人がいる?