グレープフルーツやオレンジ、みかんといった柑橘類はどのくらい保存できるは分かりますか?

私はよくわからずテーブルや冷蔵庫で保存しています。品物によって直ぐに傷んでしまう物と、結構長くもつ物など色々ですよね。

折角、お金を出して買ったグレープフルーツ!美味しいうちに食べたいし、美味しさが長持ちするように保存したいですよね。

今回は、グレープフルーツの保存方法についてご紹介します。

グレープフルーツの保存期間は?

教師
グレープフルーツの保存方法ですが、グレープフルーツが国産と輸入の場合で保存できる期間が異なるようです。

輸入品のグレープフルーツの場合、輸送に時間が掛かってしまうので長期間美味しい状態を保つように対策が取られています(その対策が、農薬問題として取り上げられることも有りますが...)。

輸入品とは逆に、国産のグレープフルーツは長期間の輸送を考えられていない為に、比較的早く傷んでしまうようです。

常温だと?


グレープフルーツは、暑すぎたり寒すぎない季節は常温保存が出来ます。直射日光の当たらない場所へ置くことで5日程度の保存が可能になります。

酸味が特徴のグレープフルーツですが、日を置く毎に酸味がまろやかに変化します。

この味の変化を上手く利用して、酸味が苦手な方や買ったグレープフルーツの酸味が強すぎた場合は、数日保存しておくと美味しく食べられます。

冷蔵だと?


冷蔵庫に保存すると常温より長く美味しい状態を保つことが出来ます。冷蔵庫の中でもお勧めの場所は「野菜室」です。

野菜室で保存した場合は2週間から長いと1カ月美味しく食べられますし、冷蔵庫内だと乾燥が進んでしまうのでビニール袋やラップなどで密閉し乾燥を防ぐことがお勧めです。

冷凍だと?

ポイント
もし、グレープフルーツを冷凍保存したいときには皮を剥いてグレープフルーツの実の部分だけを保存するのがお勧めです。

グレープフルーツの外側の皮を剥き、1房ごとにほぐし薄皮を剥いた実をジップロックに入れて保存するのがお勧めです。

薄く延ばして保存する事で使いたい時に必要な分だけ取り出しやすくなります。

暑い季節には、シャーベット感覚で食べられますし、スムージーやヨーグルトのトッピングにしても美味しく食べられます。

グレープフルーツを長期保存するコツはあるの?

考える女性
グレープフルーツを長期保存する時の注意点は、暑すぎたり寒すぎる状態を避ける事とグレープフルーツの実の乾燥を防ぐことです。

いくら長期保存できても、実がパサパサしたグレープフルーツは美味しくないですよね。なるべく乾燥しないように注意して保存しましょう。

こんな状態のグレープフルーツは食べては駄目!

グレープフルーツの場合、皮が厚い分すぐに腐ったりは有りませんが皮部分がかびていたり、切った時に何時もと違う匂いがしたら、傷んでいる可能性があるので食べるのはやめましょう。

自分のライフスタイルに合わせて保存しましょう


グレープフルーツの保存方法ですが、自分のライフスタイルに合わせて保存方法を上手に使い分けましょう。

毎日のように欠かさず果物を食べる方は「常温保存」や「冷蔵保存」、毎日は果物を食べない方や、その都度皮を剥いたりするのが面倒くさい方は一度に皮を剥いて「冷凍保存」しておけば手軽に食べることが出来ます。

まとめ

グレープフルーツの保存方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

皮が厚い分グレープフルーツが傷んでいるかの判断は難しいです。

折角のグレープフルーツを傷めて無駄にしないように、自分のライフスタイルに合った保存方法で美味しくげれーぷフルーツを食べましょう。

▶ グレープフルーツの栄養と効能は凄い!けど食べ過ぎは注意な理由とは?

▶ グレープフルーツの薄皮は食べる?それとも食べない?あなたはどっち?