皆さんは「美生柑(みしょうかん)」という柑橘の事をご存知ですか?

まだ知っている人は少ないかもしれませんが、とても美味しいので「美生柑の季節には必ず大量に食べる」人や「美味しいから人に教えたくない」なんて人もいるんです。

今回は、知る人ぞしる「美生柑(みしょうかん)」についてご紹介したいと思います。

和製グレープフルーツと呼ばれる美生柑とは?

教師の画像
「美生柑(みしょうかん)」は、その爽やかな香りと風味から「和製グレープフルーツ」と呼ばれたりもします。

そんな美生柑は熊本県飽詫郡河内町の個人宅の庭で見つかった文旦の系統の柑橘類になります。

最初の名前は、発祥の地から「河内」、時期が遅く収穫されるミカンの呼び名である「晩柑」を組み合わせた「河内晩柑(かわうちばんかん)」と名付けられました。

そんな「河内晩柑(かわうちばんかん)」を「美生柑(みしょうかん)」と呼ぶことが出来るのは、商標登録をしている愛媛県愛南町にあるマルエム青果がだけなんです。

「美生柑(みしょうかん)」という名前、読んだだけでも美味しい事が想像できる名前ですよね。

そんな「美生柑(みしょうかん)」こと「河内晩柑(かわうちばんかん)」には他にも沢山の呼び名が有るんです。

・愛南ゴールド(あいなんごーるど)

・ジューシーフルーツ

・天草晩柑(あまくさばんかん)

・宇和ゴールド(うわごーるど)

・灘オレンジ

・夏文旦(なつぶんたん)

・サウスオレンジ

色々な地区によって異なる呼び名ですが、生産する地域ごとに名前を付けたくなる位美味しい柑橘と言えそうです。

栄養価と期待できる効能は?


そんな、美味しい「美生柑(みしょうかん)」の栄養素を確認したいと思います。

「美生柑(みしょうかん)」に含まれる栄養素で注目したいのはビタミンCとシフネリンです。

ビタミンCは柑橘類に豊富に含まれている栄養素として有名ですが、シフネリンは聞きなれない方が多いのではないでしょうか?

シフネリンとは体の中の脂肪を燃やしやすくすると言われています!!ダイエット中の方には注目の成分ですよね。

他にも、柑橘類の皮に含まれるオーラプテンという成分は「発がん抑制作用」が有ると言われていますが、「美生柑(みしょうかん)」にはなんとグレープフルーツの4倍も含まれているという研究結果が発表されました。

オーラプテンが沢山含まれているグレープフルーツより「美生柑(みしょうかん)」は4倍も多いなんて...すごいですね。

美生柑ってどんな味の特徴があるの?グレープフルーツとの違いは?


「美生柑(みしょうかん)」ですが、特徴は果肉が「ジューシー」な事です!!

グレープフルーツより苦味や酸味が少ないので、グレープフルーツは苦手と言う方でも美味しく食べる事が出来ると思います。

文旦の系統である「美生柑(みしょうかん)」は、グレープフルーツと比べると皮が厚いので、皮が剥きにくい時は包丁などを使って切れ目を入れてみましょう簡単に剥けると思います。

美生柑の旬の時期は?

考える女性

「美生柑(みしょうかん)」ですが、旬の時期は産地によって若干のずれは有りますが、おおむね3月末から6月いっぱい位と言われています。

国内産の「美生柑(みしょうかん)」は皮も安心して食べられます

ポイント
輸入物の柑橘類は農薬を心配して皮は捨ててしまう方が多いと思いますが、国内で生産される「美生柑(みしょうかん)」は安心して皮も食べる事が出来ます。

先ほどご紹介した「発がん抑制作用」を期待して、マーマレードやピールを作って楽しむのはいかがでしょうか?

まとめ

今回は知る人ぞ知る「和製グレープフルーツ」、「美生柑(みしょうかん)」についてご紹介しました。

「美生柑(みしょうかん)」の美味しさを実感したい方は、旬の時期に是非お召し上がりください。

▶ グレープフルーツの栄養と効能は凄い!けど食べ過ぎは注意な理由とは?

▶ グレープフルーツの保存方法は?日持ちさせるコツはあるの?