メロンって多くの方から親しまれていますが、溢れ出る程の果汁と口いっぱいに広がる甘味に虜となってしまいますよね。

さて、メロンにも多くの品種がありますが「肥後グリーン」という品種もあり人気となっています。

そこで今回は【肥後グリーンの特徴や旬とは?】【肥後グリーンとベルルメロンは同じ品種なのか?】についてご紹介致します。

肥後グリーンの歴史は?どういう風に作られたの?

教師
肥後グリーンは奈良県の株式会社松井農園によって開発された品種で、発売された当時は熊本県のみで栽培が行われていましたが、現在では全国各地でも僅かながら栽培が行われています。

肥後グリーンという名前は「肥後(熊本県)」の「グリーン(エメラルド色の美しい果肉)」という事で名づけられ、熊本県を代表するメロンとして多くの方から親しまれています。

実はベルルメロンと同じ種類のメロンというのは本当?


肥後グリーンととても似た見た目や色合い、味わいを楽しめる「ベルルメロン」という品種がありますが、恐らく肥後グリーンというメロンを知っている方は「同じ系統のメロンなの?」と思ってしまいますよね。

実は、肥後グリーンとベルルメロンは同じ系統ではなく同じ種類のメロンで、肥後グリーンは「熊本県産」、ベルルメロンは熊本県産以外で栽培された肥後グリーンとなっています。

全く同じ品種なのでとても似ていて当然ですが「肥後グリーン」という名前は熊本県産のブランド名となっているのです。

肥後グリーンの味の特徴は?


肥後グリーンは甘味の強いメロンで、その糖度の高さは16度以上となっており濃厚ながらスッキリとした甘味を楽しむ事ができます。

また、糖度が高いメロンは日持ちしない傾向がありますが、肥後グリーンは糖度が高いながらも日持ちの良いメロンとなっています。

肥後グリーン、ペルルメロンの旬の時期は?

ポイント
肥後グリーンとペルルメロンは4~8月が旬で、メロンには体温を下げる作用があるので夏の暑さで火照った体を冷やすにはピッタリのメロンとなっています。

春から夏にかけて味わえる贅沢メロンとして、メロン好きから高い人気となっている品種です。

肥後グリーン、ベルルメロンはそれぞれどこで作られている?

肥後グリーンは熊本県で栽培されていて、ベルルメロンは鳥取県や岡山県といった地域で栽培が行われています。

その他

教師の画像
肥後グリーンは一本の木に沢山のメロンが成る品種で一個だけを残して摘み取りされてしまいますが、この摘み取りによって栄養が一個だけに集中する為、濃厚な甘さと芳醇な香りを持った肥後グリーンを栽培する事ができるのです。

この多くの魅力が満載となっている事で、贈答用やお中元で人気が高まっているのです。

あとがき

知名度こそまだ低い肥後グリーンですが、一度食べた方はその魅力にハマりリピーターともなっているのです。

熊本県で栽培された物が肥後グリーン、熊本県以外で栽培された物はベルルメロンと呼ばれていますが、どちらも変わらぬ美味しさで多くの方から人気を博しています。

メロン好きは勿論、初めて肥後グリーンやベルルメロンを知った方には是非味わって欲しいメロンとなっています。

▶ メロンの栄養価と期待できる効能は?

▶ メロンの旬の季節はいつから?実は品種によって時期が違う?