ちょっぴり高級なイメージが感じられるメロンはジューシーな果肉は甘くて口いっぱいに幸せな気分を感じさせてくれますね。

さて、メロンにも多くの種類がありますが「パパイヤメロン」というメロンをご存知でしょうか。

今回は【パパイヤメロンの味や特徴とは?】についてご紹介致します。

パパイヤメロンとは?


「パパイヤメロン」と聞くと「パパイヤ?」「メロン?」と不思議な感じになりますが、パパイヤメロンは見た目がパパイヤそっくりな事でパパイヤメロンと名付けられています。

メロンと言えば、緑色や薄緑色でツルツルの表面や網目模様が特徴的ですが、パパイヤメロンは黄色や緑色の縞模様が入った色合いで形がラグビーボールに似ています。

見れば見る程、パパイヤに似ているので間違えて買ってしまうかも知れませんね。

パパイヤメロンの味や形などの特徴は?

教師
パパイヤメロンはラグビーボールのような長円形で、メロンの種類という事もありメロン本来の甘味もありますがさっぱりとしています。

スイカのようなみずみずしさがありシャキシャキとした食感が魅力的で、夏にピッタリなメロンです。

メロンといえば、緑色タイプや赤肉タイプの果肉がほとんどですが、パパイヤメロンは真っ白な果肉のメロンとなっています。

パパイヤメロンの旬の時期は?

ポイント

パパイヤメロンは4~5月頃が旬の時期となっています。

パパイヤメロンは主にどこで生産されているの?

パパイヤメロンは九州地方で多く栽培されているメロンですが、長崎県南島原市深江町が特に産地として有名になっています。

パパイヤメロンの食べ頃のサインはどうやって見分ける?

美味しいパパイヤメロンは全体的に香りが強くなってきた頃で、またお尻の部分を押した時弾力があったり、表面全体が黄色くなってきた頃合いも食べ頃のサインとなります。

その他


パパイヤメロンはスペインの品種である「ピエール・デ・サポ」と日本の「マクワウリ」の交配によって誕生したメロンです。

パパイヤメロンをあまり見かけた事がないなんて方もいらっしゃいますが、九州地方ではとてもポピュラーな品種で糖度が13度程なのでさっぱりとした味わいが楽しめるメロンです。

あとがき

南国フルーツのような雰囲気が特徴的なパパイヤメロン。

九州地方ではメロンの定番として人気者となっているので、観光やビジネスで訪れた際には味わって欲しいメロンの一つとなっています。

▶ メロンの栄養価と期待できる効能は?

▶ メロンの旬の季節はいつから?実は品種によって時期が違う?