緑色や黄金色に輝く果肉の鮮やかさが美しいキウイ。

一口食べると、甘酸っぱいフレッシュな味わいが口いっぱいに広がりますよね。

さて、皆さんいつもキウイを食べる時、どのような品種を口にされていらっしゃいますか。

キウイには沢山の品種がありますが「さぬきゴールド」という品種があるのです。

今回は【さぬきゴールドというキウイの味や特徴】

についてご紹介致します。

さぬきゴールドというキウイとは?


さぬきゴールドは香川県農業試験場府中分場で、アップル系品種と中国系品種の交配によって誕生した品種です。

黄金色に輝く果肉から「ゴールド」、そして香川県のオリジナルブランドという事で「さぬき」という事から、「さぬきゴールド」と名づけられています。

さぬきゴールドは世界トップクラスとも言える特徴があります。

それは大きさです。

一般的にキウイは1個100g程の重量となっていますが、さぬきゴールドはなんと倍の200gもある大きさの品種です。

この大きさは世界各国の水準から観ても、トップクラスの大きさとなっており、多くの方を魅了させています。

また香川県では、多くのキウイの品種は栽培されていますが、さぬきゴールドは香川県でも唯一、袋掛けにて栽培されている品種となっており、美しい外観に栽培されているのです。

食べた時にどういう特徴があるの?

教師
さぬきゴールドは一般的なキウイよりも倍近い大きさを誇る品種となっていますが、魅力は大きさだけではありません。

さぬきゴールドは糖度が高い品種ともなっています。

一般的に食べられているキウイ「ヘイワード」よりも3度近く糖度が高い事で、甘味を存分に楽しめる品種です。

中でも形や大きさ、さらには糖度が14.5度以上と一定基準を満たしたさぬきゴールドは「黄様(おうさま)」というブランド名で販売されています。

酸味が抑えられた品種なので、キウイの甘酸っぱさが苦手な方にもおすすめしたい品種ですね。

旬の時期は?主にどこで生産されているの?

考える女性
さぬきゴールドは香川県のオリジナルブランドとなっており、善通寺市、高松市、三豊市といった香川県内で栽培が行われています。

そんなさぬきゴールドは10月下旬~12月下旬が収穫時期となっていますが、最も甘味が凝縮されたさぬきゴールドを味わうのであれば、11月~12月上旬頃となっています。

さぬきゴールドの価格


一定基準をクリアしたさぬきゴールドは化粧箱に納められ販売されています。

1箱5個入ほどで3000円とキウイとは思えない価格となっています。

しかし、大きい果肉の中には高い糖度を誇る甘味が凝縮され、溢れ出る果汁は多くの方を魅了させてくれます。

贈答用としてお贈りすれば、喜ばれる事間違いなしですね。

あとがき

世界トップクラスの大きさでありながら、甘味もしっかりと蓄えられているさぬきゴールド。

甘みに強いキウイを心行くまで堪能したい方におすすめした品種ですが、お値段がちょっと高めなので、贈答用として頂けたら嬉しい品種ですね。

▶ 国産キウイが増加?ニュージーランド産との違いは?

▶ キウイの皮の剥き方は?実はスプーンを使うと簡単?