びわ
妊娠中の妊婦さんにとって自身の体とお腹の胎児に必要な栄養を摂取する事は非常に大切な事ですよね。

妊婦さんにとってはいつも以上に栄養豊富な食材を摂取したい所です。

その食材の中には初夏が旬となる「びわ」もあるのです。

多くの妊婦さんは「妊娠中にびわってどうなの?」なんて感じちゃいますよね。

そこで妊娠中の妊婦さんに食べて欲しい果物となっているびわと効果についてご紹介しちゃいます。

びわを妊婦さんに食べてほしい理由とは?

教師
びわには多くのビタミン類が含まれている事で肌荒れが特に気に掛かる妊婦さんにはお勧めの果物となっています。

さらにびわには妊婦さんに嬉しい鉄分の他多くの成分がたっぷりと含まれているのです。

葉酸の効果とは

妊婦さんは葉酸をたくさん摂取しなきゃいけないなんて事を良く耳にしますよね。

葉酸には胎児の先天性障害のリスクを下げる効果があり、特に先天性障害の中でも神経管閉鎖障害がその一つとなっています。

この障害を抱えてしまうと、神経管が塞がれてしまい脳や脊椎の形成が正常に行われなくなってしまい、無脳症や脳瘤といった障害を抱えてしまいます。

胎児にとっては毎日が新しい細胞が形成されている状態なので、この時に僅かなズレで細胞が上手に形成されないと、先天性の障害を抱えて誕生する率が高くなってしまいます。

しかし葉酸には細胞の形成をサポートする働きがあり、宣先生障害のリスクを大幅に軽減する事が出来るのです。

マグネシウムの効果とは

マグネシウムには骨の形成をサポートする働きがあります。

多くの方は「カルシウム=骨」と思ってしまいますが、カルシウムは骨を丈夫にする働きとなっており、骨格を作る事に欠かせないのがマグネシウムとなっています。

マグネシウムによって骨だけでなく、筋肉や肌細胞が正常に形成されていくのです。

さらに人の体はタンパク質によって形成されていますが、このタンパク質の形成にもマグネシウムは欠かせない存在となっています。

カルシウムの効果とは

カルシウムは人の体内中で最も多い成分です。

カルシウムは骨や筋肉、毛髪等人体細胞全てにおいて土台とも言える成分となっており、胎児にとってカルシウム不足は細胞を作り出す材料の不足ともなってしまいます。

またカルシウムには骨や歯を丈夫にする働きがあり、カルシウム不足は骨粗鬆症あらゆる疾患の原因ともなってしまうのです。

妊娠中にびわ茶が効果的?ねじめびわ茶とは?

びわ
妊娠中は胎児に多くの栄養が吸収されてしまう事で、栄養不足や体力の消耗が激しくなってしまいます。

そこでお勧めなのがびわの葉からエキスを抽出したびわ茶です。

びわ茶には滋養強壮効果や疲労回復効果、さらには血液の促進にも効果的となっており妊娠中の方にピッタリなのです。

また、びわにはアミグダリンという成分が含まれており美肌や美髪効果に優れています。

妊娠中は栄養が胎児に吸収される事で、多くの妊婦さんが肌荒れや髪がバサバサになる事が悩みとなってしまいますので、積極的に摂取したいですね。

またびわ茶の中には「ねじめびわ茶」というお茶もあり、これは一般的なびわ茶とは異なる製法によって作られています。

このねじめびわ茶にはカルシウムやマグネシウム、カリウムが一般的なのびわ茶の3倍以上含まれいる事や、免疫力アップ効果やアンチエイジング効果に抜群な働きを齎してくれるケイ素がたっぷりと含まれているのです。

胎児の成長も重要ですが、自身のケアも気に掛かる妊婦さんにとってはピッタリなお茶となっています。

あとがき

多くの妊婦さんが自身や胎児の為と妊娠中に効果的な食材を積極的に摂取されていますが、びわにも妊娠中に欠かせない成分がたっぷりと含まれているのです。

妊婦さんだけでなく、妊娠を計画されている方にはびわやびわ茶がお勧めとなっているのです。

▶ びわは栄養が豊富!どんな効能に期待できるか調べてみた