秋は実りの秋、リンゴやブドウ、柿など沢山のフルーツが美味しい季節でもありますよね。

そんな秋の味覚には梨もあり、心待ちにしている方も多くいらっしゃいますよね。

さて、梨にも沢山の品種がありますが、人気№1とも言えるのがやはり「幸水」ですよね。

店頭でもよく見かける事が多い品種で、食べた事がなくても名前を目にした方も多いですよね。

でも「幸水ってどんな梨なの?」と聞かれてもなかなか答える事ができないですよね。

そこで今回は【日本一の生産量?幸水梨の特徴や味とは?】についてご紹介致します。

幸水梨とは?

調べる

幸水梨は1959年に果樹研究所で誕生した品種です。

親は?

幸水は「菊水」と「早生幸蔵」の交配によって誕生した品種です。

由来は?

幸水という名前の由来をご存知ですか?

恐らく多くの方が「みずみずしさが楽しめる梨」と感じていらっしゃると思いますが、この名前には列記とした由来があるのです。

親品種である「菊水」と「早生幸蔵」から一文字ずつとって「幸水」と名付けられたのです。

梨の三水の一つ

秋になると多くの梨を店頭で見かける事ができますが、その中でも、幸水って梨をよく見かける事ができますよね。

幸水は「豊水」、「南水「と梨の中でも「三水」と呼ばれるほど、みずみずしさと日本一の生産量を誇る品種となっているのです。

美味しさも生産量もトップクラスとなっている事で、梨の代表格とも言えるのです。

幸水梨の味や大きさの特徴は?

味の特徴は

幸水は甘味がありながらも程よい酸味が含まれているので、スッキリとした味わいです。

しつこさがない甘味があるので、いくらでも食べれちゃいますね。

大きさは?

幸水は1個の重量が400g程とやや大きめなサイズです。

形はやや扁平気味の球形で梨本来の可愛らしい形をしています。

固さや歯ざわりは?

幸水はみずみずしくジューシーでシャリシャリとした食感が楽しめます。

程よく果肉に柔らかみがあり、歯ざわりもバツグンです。

幸水梨の旬の時期と栽培されている地域は?


幸水は国内生産量の40%が千葉県で、次いで茨城県や福島県と全国各地で栽培が行われています。

そんな幸水はハウス物も流通されており、7月中旬~9月上旬頃まで収穫が行われています。

そんな最もみずみずしく美味しい時期は8月上旬~9月上旬となっています。

美味しい幸水の選び方

ポイント
店頭で無しを選ぶとき、美味しい幸水を選びたいですよね。そこで美味しい幸水の選び方をお教えしちゃいます。

まず、全体がふっくらとしていてハリがあるものを選ぶと良いですね。

また、色が褐色なものは十分完熟しており、甘味を存分に楽しめる状態となっています。

あとがき

日本で最も生産量が多いと言われている幸水。

バランスの整った甘味とみずみずしさは幅広い年齢層から親しまれています。

梨が登場する黄瀬w津になったら是非一度は味わって欲しい品種ですね。

▶ 梨の栄養価と期待できる効能は?食べ過ぎは駄目?

▶ 梨とりんごの違いとは?あなたはどちらが好きですか?