秋は沢山の味覚が美味しい季節でもありますよね。

その中でもシャリシャリとした食感とすっきりとしたしつこさが感じられない甘さ、そして口いっぱいに美味しさが漂うたっぷりの果汁がふくまれた梨もこのじきならではの味覚ですよね。

さて、皆さんはどんな品種の梨を食べていらっしゃいますか。

幸水や豊水もとても美味しいですが「多摩梨」という梨も人気のある梨となっています。

そこで今回は【多摩梨という梨の特徴や旬とは?】についてご紹介致します。

多摩梨とは?

調べる

多摩梨は東京都農業試験場にて1963年に誕生し、1971年に品種登録された梨です。

親は?

多摩梨はみずみずしく人気№1とも言える「幸水」と「祇園」の交配によって誕生した品種です。

多摩川梨っていうのは何?

多摩梨とよく似た名前の梨「多摩川梨」という品種もあります。多摩梨はこの多摩川梨の一種となっている梨です。

多摩川梨は神奈川県川崎市、東京都稲城市、日野市、多摩市で栽培が行われている梨の総称となっています。

つまり梨の品種っではなくこれらのエリアで栽培された梨のブランド名となっているのです。

この地域で栽培されている多摩川梨には「幸水」や「二十世紀梨」、「豊水」「新高」、「稲城」と様々な品種があります。

多摩梨の味や大きさの特徴は?

味の特徴は

多摩梨は早生種の中でも糖度が高く13度になる事もあります。

梨の平均的な糖度は10度となっているので、多摩梨は甘味を存分に楽しめる品種でもありますね。

酸味はほとんど感じられないので、梨の酸っぱさが苦手な方にはおススメしたい品種ですね。

大きさは?

多摩梨は1個の重量が380g程とへいきんてきな大きさとなっています。

外観全体は梨らしく丸みを帯びた球体となっていますが、頭のてっぺんはゴツゴツと凹凸があります。

また多摩梨は栽培方法によって外観の色味が異なってきます。

袋掛けを行う栽培と行わない栽培では、外観は黄色かったり褐色になる事があります。

固さや歯ざわりは?

多摩梨は程お酔い硬さがあり、歯触りも良くシャキシャキとした食感が楽しめます。

また親品種にあたる幸水は果汁がたっぷりでジューシーさが魅力的な品種ですが、多摩梨も幸水のジューシーさを受け継いでおり、口いっぱいに梨本来の甘酸っぱさを存分に楽しむ事ができます。

多摩梨の旬と栽培されている地域は?


多摩梨は東京とや神奈川県で栽培されている事が多い品種です。

そんな多摩梨は8月中旬~下旬が旬の時期となっています。

実は今は多摩よりも青森で多く栽培されている?

ポイント
多摩梨は東京都や加阿川健が主な産地として人気の高い品種となっていました。

しかし近年はこれらのエリアよりも青森県での栽培が多い傾向にあります。

東東京都での栽培面積は1.5haとなっていますが、青森県の栽培面積は4倍以上の8haとなっています。

さすが日本を代表するリンゴの名産地と言えますね。

あとがき

かつて東京とを中心に栽培が行われ高い人気を誇っていた多摩梨。

そんな多摩梨は現在では東京都や神奈川県での栽培が主流ではなく青森県となっているのです。

青森県で栽培されている多摩梨であっても、東京出身ならではの味わいを楽しむ事ができる品種となっています。

▶ 梨の栄養価と期待できる効能は?食べ過ぎは駄目?

▶ 梨は栄養面から皮ごと食べるべき?それとも皮には毒がある?