果物の旬の時期に、自分で「ジャム」や「果実酒」などを作って楽しむ方は多いですよね。

市販の物も美味しいけど、自分で作れば美味しさも倍増しますよね。

そんな手作りジャム、「杏」を使って作ると「酸っぱく」仕上がる事があります。

今回は手作り杏ジャムが酸っぱくなる理由と、酸っぱくなりすぎるのを防ぐコツをご紹介したいと思います。

手作り杏ジャムは市販のものよりも酸っぱくなる理由とは?

調べる

市販の杏ジャムに比べて、手作りの杏ジャムが酸っぱくなるのは「水分を煮詰めすぎた事」や「ジャムに使った砂糖の量が少なかった」、「完熟の杏をつかっていなかった」ことが原因であることが多そうです。

杏ジャムを酸っぱくしないポイントは?


手作りの杏ジャムは酸っぱくなりすぎる!と聞くと「杏ジャムは難しい?」なんて感じるかもしれませんが、いくつかのポイントに注意したら美味しく仕上げることがあります。

そして、もし酸っぱくなりすぎた時の活用方法をご紹介したいと思います。

水分を飛ばしすぎない

まず、一つ目のポイントはジャムを作るときに煮詰めすぎで水分を飛ばしすぎないことです!。煮詰めすぎると酸味が凝縮されてしまい、さらに酸っぱくなってしまいます。

ジャムは冷めると加熱中よりかたくなるので「少し柔らかいかな?」程度の状態で火を止めることを心がけてください。

もし「煮詰めすぎた」と思ったときは、ほんの少し「白ワイン」等を加えて柔らかくすることもできます!その時は、しっかりとアルコールを飛ばす事を忘れないでくださいね。

砂糖の量を多めに(どれぐらい?)

自家製ジャムだと「甘さ控えめに、砂糖の量を減らそう」と低糖ジャムを仕上げる事もあると思いますが、杏ジャムを作るときは低糖ジャムは我慢してしっかりと砂糖を使うことで酸っぱさを減らすことができます。

もし、酸味が強かったら1日様子を見るのも有り

もし「煮詰めすぎない」、「砂糖の量」を気をつけていても酸っぱくなりすぎた時は、慌てないで1日様子を見ましょう。1日経つと酸味が和らいでいる事もあります。

1日様子を見ても酸っぱすぎると感じたら、お砂糖を足して甘みを加えてみましょう。

ちょっと乱暴な方法かもしれませんが、ジャムが酸っぱすぎて食べられないのは持ったないです。お砂糖を加えて自分好みの甘さに仕上げて、美味しく楽しみましょう。

逆に、もう少し杏ジャムに酸味がほしいと思ったときは

ポイント
逆に、手作りの杏ジャムを作る人の中には「酸っぱい仕上がりが好み」という方も多いようです。

そんな人にとっては「甘みがしっかりとある杏ジャム」が出来たら少し残念に感じるかもしれません。

そんな「酸味が強いほうが好み」の方向けに「ジャムに酸味を加える方法」をご紹介します。

強い酸味が好みの方にお勧めの方法

しっかりとした強い酸味が好きな方は、ジャムを煮詰めるときに「クエン酸」や「レモン汁」を加えてみましょう。

かなり酸っぱく仕上がるので、少しずつ加えて好みの味に仕上げて下さい。

ほのかな酸味が好みの方にお勧めの方法

強い酸味は苦手だけど、もう少し酸味がほしいと思う方にお勧めしたいのが「レモン」等の酸味のある「柑橘類」の果肉や皮を加えてみましょう。

柑橘のほのかな酸味と風味が、美味しいジャムに仕上がりますよ。

まとめ

いかがでしたか?今回は杏ジャムを手作りした時に「酸っぱくなりすぎる」原因と、酸味を控えめに仕上げる方法についてご紹介しました。

せっかく、手作りした杏ジャムが「酸っぱすぎて食べられない」のは残念ですよね?今回ご紹介したコツに注意して、自分好みの杏ジャムを作ってみてくださいね。

▶ 杏(あんず)って生食で食べられるの?皮ごと食べるの?

▶ 杏(あんず)とすももの違いと見分け方はこう!