「桃」っていう言葉を聞くだけで、可愛らしさと甘酸っぱいイメージが沸いてくるフルーツですよね。

そんな桃は旬を迎えないと生食で流通する事はほとんどありませんが、缶詰ならば年中味わう事ができますね。

缶詰の桃であっても「黄桃」と「白桃」がありますが、これらの違いってご存知でしょうか。

恐らく「着色の違い」と思っている方もいらっしゃいますよね。または「黄桃」は缶詰といった加工用、「白桃」は生食用や加工用とも思っている方も多いハズ。

そこで今回は【黄桃と白桃の違いとは?美味しいのはどっち?】について触れてみたいと思います。

黄桃とは?

教師の画像
お弁当やフルーツ缶の定番とも言える黄桃は果肉の色が黄色い黄肉種という種類の桃です。

黄桃は白桃に比べて果肉に硬さがあるので、缶詰といった加熱加工しても果肉が崩れ難い性質があるので、缶詰で多く観かける種類となっています。

白桃とは?


桃本来の色合いをしているので、「桃と言えばコレ」なんて方も多い白桃は果肉の色が白色をしている白肉種という種類の桃です。

白桃は日本でも古くから栽培されており、さまざまな品種が存在しています。

柔らかい果肉とジューシーな果汁がたっぷりと凝縮されており、贈答用といった生食で人気のある種類となっています。

黄桃と白桃の違いは?

黄桃と白桃は種類が異なる桃のようですね。種類が違うという事は見た目や味にも違いがあるのか気になりますね。

見た目の違いは?

黄桃は真っ黄色な色合いが美しく、この黄色の美しさがフルーツカクテル等で大活躍ですよね。

白桃はほんのりとピンク色が混じった可愛らしい色合いが特徴的ですよね。

ちょっと高級感が感じられる桃ですが、白桃の色合いを観ているだけでも贅沢な気分にさせてくれますね。

味の違いは?

黄桃は甘味と酸味のバランスが整った味わいで、口いっぱいに濃厚さが広がり、程良く硬さがあるので食感も魅力的ですよね。

白桃は甘酸っぱさも魅力的ですが、果汁たっぷりのジューシーさが堪らないですよね。

かぶり付くと桃の芳醇な香りが漂い、口いっぱいに桃の甘酸っぱさが凝縮された果汁が広がります。

最近は黄桃も品種改良によって生でも美味しく食べられるものも増えてきている!

ポイント
黄桃と言えばやはり缶詰ですが、生食では白桃よりも食味が衰えてしまう事もあり、シロップ漬けの缶漬めが一般的ですよね。

でも最近は品種改良が進み、生食でも美味しい黄桃が増えてきています。

黄貴妃や光月といった種類がありますが、中でも「黄金桃」が生食でのポピュラーな種類と言えます。

マンゴーのような香りや食感が楽しめ、甘味と酸味のバランスが整い生食でも美味しく味わえる黄桃となっています。

まとめ

黄桃と白桃は品種が全く異なる桃なので、それぞれで違う味わいや食感を楽しむ事ができます。

近年は品種改良によって生食でも美味しい黄桃も登場しているので、白桃との違いを比較してみては如何でしょうか。

▶ 桃は追熟するの?それともしない果物なの?徹底解説!

▶ 桃は変色していても食べられる?黒いのは大丈夫?