甘さと酸味のバランスが魅力的なマンゴーはトロピカルフルーツの中でも人気が高いフルーツですが、さて、マンゴーには沢山の品種がありますが「太陽のタマゴ」という品種をご存知でしょうか。

そこで今回は【太陽のタマゴという品種の味や特徴とは?】についてご紹介致します。

太陽のタマゴとは?

黒板
マンゴーの中でも濃厚な甘味を楽しむ事ができるアップルマンゴーは高級フルーツとして贈答品でも重宝される存在で、太陽のタマゴはそんなアップルマンゴーのブランド名となっているのです。

日本でもアップルマンゴーは沖縄県や九州地方南部を中心に栽培が行われていますが、中でも宮崎県はアップルマンゴーを特産品としている地域でもあります。

そんな宮崎県ではアップルマンゴーの栽培が盛んに行われていますが、その中でも選び抜かれたアップルマンゴーが太陽のタマゴというブランド名で販売されているのです。

太陽のタマゴは糖度が15度以上、重量が350g以上、形が整い色合いがより赤く染まっている物だけが太陽のタマゴとして認定されているのです。

太陽のタマゴの味の特徴は?


太陽のタマゴは糖度が15度以上となっている事で濃厚な甘味を楽しむ事ができ、口あたりも滑らかでほのかな酸味のバランスが整った味わいです。

太陽のタマゴは完熟状態になると自然に木から落ちていきます、その為完熟状態を最大限に引き出せるようネットで一つずつ覆い自然に木から落ちるのを待つのです。

これが太陽のタマゴの濃厚な甘さの秘訣とも言えるのです。

太陽のタマゴの旬の時期はいつ?

太陽のタマゴは4月下旬頃から収穫が始まりますが、より濃厚な甘味とフレッシュなみずみずしさが楽しめる旬は6~7月頃となっています。

太陽のタマゴはどこで生産されているの?

ポイント

太陽のタマゴは宮崎県のオリジナルブランドとなっており、宮崎県で生産されています。

おいしさの秘訣


太陽のタマゴは完熟状態が最高の物だけが流通されていて、完熟状態になると木から自然に落ちてきます。

その為、生産者の手によって収獲されるのではなく自然に落ちる物だけが出荷されているので、太陽のタマゴ1個ずつがネットで覆われておりネットに落ちた物は糖度が十分な状態となっているので、濃厚な甘味を楽しむ事ができるのです。

甘さだけでなく、品質や見た目も備わってこそ「太陽のタマゴ」として流通されるので、高級フルーツとして扱われている理由が明確に解りますね。

あとがき

太陽のタマゴは宮崎県のアップルマンゴーの中でも、甘味や重さ見た目が基準をクリアした物だけに与えられるブランドとなっています。

一口食べると、病みつきになってしまう程の美味しさとなっているので、お世話になっている方ねの贈答品にお贈りしたいアップルマンゴーですね。

▶ アップルマンゴーという品種の味の特徴と旬の時期は?

▶ マンゴーの保存期間ってどれぐらい?日持ちさせるコツはあるの?