マンゴー好きな方にとってはトロり濃厚な甘味が楽しめる甘いマンゴーは堪らない逸品になりますが、さて、いつもスーパーで購入しているマンゴーよりも美味しいマンゴーがある事をご存知でしょうか。

それが「金蜜」というマンゴーなのです。金蜜はマンゴーの歴史を変えるといっても過言ではない程の美味しさを誇っているのです。

そこで今回は【マンゴーの歴史が変わると言われている金蜜というマンゴーの美味しさとは?】についてご紹介致します。

金蜜マンゴーとは?


マンゴーは甘味がありながらも程良い酸味が堪らないフルーツですが、そんなマンゴーの中でも「絶世の甘さ」とも言えるのが金蜜マンゴーです。

マンゴーは皮の色合いが濃厚な程完熟状態にあり高値で流通されており、色合いが薄いマンゴーは比較的安価に流通されていますが、金蜜マンゴーは金色のような薄い色合いの品種ながら高値で取引されている品種なのです。

それは甘さに秘密があります。金蜜マンゴーはマンゴーの品種の中でも甘さが非常に楽しめる品種として注目を浴びているのです。

一般的にマンゴーは糖度が15%程となっていますが、金蜜マンゴーは平均糖度が20度と非常に高く、これまでの最高糖度は24度にもなっているです。

その甘さはまるで「はちみつ」のような甘さを堪能でき、金色の色合いとはちみつのような甘さから「金蜜」と名付けられているマンゴーなのです。

外観は金色と薄い色合いですが、果肉は濃厚なオレンジ色で甘さが伝わってくるような色合いをしています。

金蜜マンゴーの味の特徴は?

教師の画像
金蜜マンゴーの最大の魅力とも言えるのが「甘さ」、金蜜マンゴーは糖度がなんと20度が平均的ともなっており、マンゴーの品種の中でもトップクラスの糖度を誇る品種なのです。

蜜のような甘さで、一度食べた方の多くが「また食べたい」「他の品種では満足できない」と感じてしまう程甘味を堪能できる甘さです。

他の品種では糖度が15度もあれば十分甘味を楽しむ事ができるのですから、金蜜マンゴーを一度食べた方が虜になってしまう理由が解りますよね。

甘みを楽しめるとして人気が高いアップルマンゴーを超える甘さの味わいってどんな甘さなのか気になっちゃいますよね。

金蜜マンゴーの旬の時期はいつ?

ポイント

金蜜マンゴーは7~8月頃が旬の時期となっており、真夏の温暖な気候が甘さの秘訣とも言えますね。

金蜜マンゴーは主にどこで生産されているの?

金蜜マンゴーは国内有数のマンゴーの産地としても知られている沖縄県が主な産地となっています。

あとがき

マンゴー好きには絶対に食べて欲しい金蜜マンゴーは、マンゴーの中でも最高峰の甘味が堪能できる品種となっていますが、この美味しさの虜になっている方が続出されています。

入手困難な品種ともなっていますが、一度は食べる価値のあるマンゴーと言える存在ですね。

▶ マンゴーの保存期間ってどれぐらい?日持ちさせるコツはあるの?

▶ マンゴーは栄養価が高く効能も凄い!でも食べ過ぎは危険?