メロンは高級感漂うフルーツとなっており、贈答品としても高い人気がありますよね。

さて、皆さんはどんな品種のメロンをご存知でしょうか?、メロンにも多くの品種がありますが「スイートルビー」という品種も多くのファンがいるメロンです。

そこで今回は【スイートルビーというメロンとは?】についてご紹介致します。

スイートルビーとは?

教師の画像
青森県と言えば「りんご」の名産地として全国的にも知られていますが、実はメロン栽培にも力を入れている地域なのです。

青森県では「津軽で生まれ、津軽で育ったメロン」を「つがりあんメロン」と呼んでおり、このつがりあんメロンには5品種存在しており、その中の一つに「スイートルビー」があるのです。

スイートルビーは2010年から栽培が始まったメロン界の中でも比較的新しい品種となっていて、栽培から出荷まで青森オリジナルメロン生産連絡協議会が厳しいチェックが行われ、糖度が15度以上ある物だけが流通されています。

スイートルビーの味や形などの特徴は?


スイートルビーは、ラグビーボールのような円形で細かい網目模様の外観のメロンで、5品種あるつがりあんメロンの中でスイートルビーが唯一のネット系メロンとなっています。

スイートルビーは赤肉タイプで糖度が15度程の物だけが流通されており、濃厚な甘味を楽しめるメロンとなっています。

果汁もたっぷりと凝縮されておりジューシーさと芳醇な香りを口いっぱいに感じる事ができ、果肉はやや薄いオレンジ色ですが夕張メロンにも負けない美味しさを誇っています。

スイートルビーの旬の時期は?

スイートルビーは、7月下旬~8月下旬頃まで流通されており、最も美味しい種の時期は8月上旬頃となっています。

スイートルビーは主にどこで生産されているの?

ポイント

スイートルビーは青森県のオリジナルブランドとなっており、青森県で主に栽培されています。

スイートルビーという名のトマトの品種もあったりします


「スイートルビー」と聞くと「トマトの品種でしょ?」と答える方もいらっしゃいますが、実はトマトにも「スイートルビー」という名前の品種があるのです。

トマトのスイートルビーは真っ赤な色合いが美しいトマトで、多くの方から人気が高い品種です。

トマトのスイートルビーと間違えない様に注意しないとメロンではなく、トマトが姿を現すかも知れませんね。

あとがき

糖度が高く日持ちの良いメロンとして贈答用にもピッタリなスイートルビー。

甘みも十分に楽しむ事ができ、青森県を代表する品種の一つとなっていますが、誰かに購入をお願いする時はしっかりと「メロンのスイートルビー」と伝えなければ大変な事に繋がってしまいますね。

▶ メロンの保存方法はどうするのがいいの?日持ちさせるコツは?

▶ メロンのわたや種って捨てるの勿体無い!食べ方や活用法は?