芳醇な香りと凝縮された味わいが魅力的なメロンは、一口頬張るとジューシで甘味が強い果肉を楽しむ事ができますね。

さて、メロンを食べる時、中心部にあるわたや種の部分は取り除いて食べていると思いますが、実はこの部分捨てるのは勿体ない部分となっているのです。

そこで今回は【メロンのわたや種は捨てると勿体無い部分?】【メロンのわたや種の食べ方や活用法とは?】についてご紹介致します。

メロンのわたや種に含まれている栄養や期待できる効能は?

黒板
メロンのわたや種って捨てている方がほとんどだと思いますが、この部分にはさまざまな栄養が含まれているのです。

まず、わたにはビタミンCがたっぷりと含まれて、果肉部分よりも含まれていると言われています。

ビタミンCには免疫力を高める効果があり、風邪やインフルエンザ予防に効果が期待でき、またビタミンCは美肌維持に欠かせない成分とも言われています。

ビタミンCには肌細胞を活性化させる働きがあり、肌のツヤや潤いに欠かせない成分で、特に多くの女性がハリの失いを悩みとされていらっしゃいますが、ビタミンCにはハリの基となるコラーゲンの生成を行う成分となっており、積極的に摂取したい成分ですね。

また種には食物繊維がたっぷりと含まれていて、腸内環境を整える働きがあり、便秘の改善や代謝アップ、毒素や老廃物の排出といった効果が期待できます。

また種にはカルシウムが多く含まれているので、骨だけでなく爪や毛髪といった全ての細胞を上部にする働きがあります。

またカルシウム不足は歯が脆くなったり骨粗しょう症の原因にも繋がってしまい、さらにコレステロー値を正常な状態に調節してくれる不飽和脂肪酸も多く含まれています。

メロンのわたや種って食べられるの?


メロンのわたや種って多くの栄養が含まれていますが、食べられるのか気になると思いますが、勿論食べる事ができます。

特に、わたは果肉部分よりも甘味があり、トロりとした食感を味わう事ができます。

メロンのわたや種はそのまま食べるのは難しい!どうやって食べる?

考える女性
メロンのわたや種ってそのまま食べるのは難しいと思いますが、どのようにして食べたら良いのでしょうか。

まず、わたと種をそのままジューサーでジュースにするという方法がオススメで、甘みがあり種のプチプチとした食感が楽しめます。

種が苦手な方は一度濾すと良いですし、また種だけ取り出し水洗いしてから天日干しや電子レンジで加熱し、水分がしっかりと無くなったらフライパンで炒めたり、素揚げにするとカリカリとした食感がクセになりおやつやおつまみにピッタリです。

あとがき

メロンは果肉だけでなくわたや種にも沢山の栄養が含まれています。

そのまま食べるのはちょっと難しいですが、さまざまなアレンジで美味しく味わう事ができますよ。

▶ メロンの栄養価と期待できる効能は?

▶ メロンは皮ごと食べても大丈夫?実は漬物にすると美味しいって本当?