皆さんはどんなフルーツが好きですか?

甘みが濃厚なバナナや食べ慣れたみかんも捨て難いですが、パッションフルーツも人気が高まっているフルーツなのです。

甘酸っぱさと爽やかな香りが魅力的ですが、パッションフルーツはキウイやマンゴーとは違い、口にされた事が無い方もいらっしゃいますよね。

恐らく初めて食べた方の中には「酸っぱくて美味しくない」なんて感じてしまう方もいらっしゃるのではと思われます。

そこで今回は【パッションフルーツの味とは?】【酸っぱい時はどうやって食べたらいいのか?】についてご紹介致します。

パッションフルーツの味の特徴は?


パッションフルーツはトロピカルフルーツの中でも、比較的新しく導入されたフルーツなので、「どんな味がするんだろう?」と感じてしまいますよね。

パッションフルーツは甘みよりも酸味が強く、レモンほどの酸っぱさとはなりませんが、甘みよりも酸味が感じられ、甘みがほとんど無いキウイのような味わいに似ていますね。

口に入れると、爽やかながら酸味がとても感じられ、初めて食べた方の中には「美味しくない」よ思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

パッションフルーツは追熟するフルーツとなっており、酸味が強い時はしばらく放置しておくと甘みが増してきますが、それでも酸味が強いフルーツとなっています。

パッションフルーツが酸っぱい!どうすればいい?

考える女性

ジャムにする

パッションフルーツをジャムにすると酸味だけでなく甘みも楽しむ事ができます。

1.パッションフルーツ1個の果肉を取り出す。

2.果肉と同量のグラニュー糖と一緒に弱火でトロみが出るまで煮詰めたら完成。

グラニュー糖の甘さとパッションフルーツの酸味のバランスが良い上、爽やかな香りもよりアップします。

中にはちみつをいれる

パッションフルーツにはちみつを入れる方法もオススメ、あっさりとした甘みがパッションフルーツの何味と相性バッチリなので、そのままでも美味しく味わえますがヨーグルトにかけても良いですね。

パッションフルーツのドレッシング

パッションフルーツ1個分、オリーブオイル50g、酢100g、砂糖大さじ1、塩コショウ少々を混ぜるだけで、爽やか後味スッキリのドレッシングが作れます。

サラダだけでなく、カルパッチョのドレッシングとしても活用できます。

パッションフルーツの割材

パッションフルーツに同量のグラニュー糖を入れ、グラニュー糖が溶けるまで火にかけ冷やすだけ。

炭酸水に入れても良いですし、チューハイの割材にもピッタリですね。

あとがき

パッションフルーツは甘みよりも酸味が強いフルーツとなっており、イメージされてる味とはちょっと違う場合があります。

酸味が強いのもパッションフルーツの魅力となっていますが、ジャムにしたりはちみつを入れると甘みがプラスされて美味しく味わう事ができます。

これでパッションフルーツ初めての方も美味しく堪能する事ができますね。

▶ パッションフルーツの食べ方は?アレンジしたレシピは?

▶ パッションフルーツの保存方法は?日持ちさせるコツは?