「温州みかん」と聞いてどのようなみかんをイメージされますか。

温州みかんにも多くの種類がある事をご存知でしょうか。

今回は【たくさんある温州みかんの種類の旬】についてご紹介致します。

温州みかんとは?


「温州みかん」は日本生まれと言われているみかんです。

その歴史は長く、400年程前に中国から鹿児島県に伝えられた柑橘系の種から偶然発見されたと言われています。

実際、鹿児島県には樹齢300年と思われるみかんの樹木があり、この樹木が温州みかんの原産とされています。

そして、温州みかんは明治期から全国的に栽培が盛んとなっていったのです。

「温州みかん」と呼ばれる品種は数多くありますが、冬の時期になると食べる事が多いみかんのほとんどが温州みかんとなっており、「みかん」と呼んでいる物が温州みかんとされています。

温州みかんの種類は大きく分けて4つある!

温州みかんとは総称となっており、大きく分けて4種類に区分されています。

極早世温州の代表的な種類は?

日南1号

日南1号は宮崎日南市の野田昭夫氏によって発見された品種です。

1979年に発見され、1989年に品種登録されています。

日南1号は糖度が9~11度と温州みかんの中では糖度があまり高くは無い品種ですが、酸味が程良い事でみかん本来の甘酸っぱさを楽しむ事ができます。

数多くある温州みかんの中でも、極早生種となっており、9月頃から集荷されています。

一定基準をクリアした日南1号は「マルチ日南1号」というブランドで展開されています。
日南の姫

日南の姫は「ひなのひめ」と読み、「日南1号」の枝変わり品種となっています。

120gの重量があり、糖度が10~11度と甘味を楽しめます。

高い糖度と程良い酸味、爽やかな強い香りを楽しめる上、果肉を包んでいる皮(じょうのう)が薄いので、果肉と一緒に味わえます。

極早生種として、宮崎県を代表する品種の一つです。
岩崎早生

岩崎早生は「興津早生」の枝変わり品種として長崎県で発見された品種です。

糖度が15度以上と非常に甘味を楽しめる品種です。

酸味も程よく含まれており、しつこさを感じずに味わう事ができます。

果汁もたっぷりで皮(じょうまく)が薄いので、何個でも食べる事ができます。
崎久保早生

崎久保早生は崎久保春男氏によって1960年代に松山早生の中から発見された品種です。

1980年代には紀南かんきつセンターで調査が行われ、優良な品種という事が判明し、栽培が盛んに行われ、発見された御浜町では特産品として重宝されています。

果肉が完熟状態になっても、外皮の着色が遅い為、緑色の状態で出荷される事も多くあります。
上野早生

上野早生は佐賀県東松浦群の上野寿彦氏によって1942年に発見され、1985年に品種登録された品種です。

「宮川早生」の枝変わり品種となっており、発見者である上野氏から上野早生と名づけられています。

糖度が14度以上と高く、1個が140gと大きなサイズにも育成される品種です。

土壌環境に左右されない性質となっており、人気の品種となっています。
ゆら早生

ゆら早生は1985年に和歌山県由良町で誕生し、1995年に品種登録された品種です。

重量が115g程と小ぶりとなっていますが、糖度が10~12度で酸味が抑えられている事で甘みを楽しめる品種となっています。

早生種は早い時期に収獲される為、薄味になる傾向がありますが、ゆら早生は甘味やコクがしっかりと含まれている極早生種です。
YN26

YN26は2001年に和歌山県果樹試験場で「紅まどか」と「ゆら早生」の交配によって誕生し、2012年に品種登録された比較的新しい品種です。

糖度は11度とやや高めでありながら、酸味もしっかりと含まれており、昔懐かしい味わいを楽しめる品種となっています。

早世温州の代表的な種類は?

宮川早生

宮川早生は1909年頃に福岡県山門郡城内村で在来系の温州みかんの枝変わり品種として発見された品種です。

発見者である宮川氏の名前から宮川早生と名づけられています。

温州みかんには多くの品種がありますが、安定した栽培や品質の高さから一般的に「みかん」と言われているのがこの宮川早生ともなっています。

糖度は11~12度で酸味もしっかりと含まれており、バランスの良い甘酸っぱさを楽しめる品種です。

果汁

もたっぷりで、果肉を包む皮(じょうのう)が薄いので、果肉と一緒に味わう事ができます。
興津早生

興津早生は1940年に農林水産省果樹試験場興津支場で「宮川早生」と「カラタチ」の交配によって誕生した品種です。

日本では「宮川早生」や「青島温州」に続き3番目に流通量が多い品種です。

1個重量が120gと大きめのサイズで、12~14度と糖度の高さを誇っています。

酸味もしっかりと含まれている事で、後味の良い甘さを楽しめます。

興津早生の突然変異種には「日南1号」や「岩崎早生」があり、「天草」や「津之香」の品種育成親としても活躍している品種です。
田口早生

田口早生は和歌山県有田郡吉備町に「興津早生」の枝変わり品種として発見され、1995年に品種登録された品種です。

糖度が12~13度と糖度が高く、1個の重量が120~130と大きめのサイズで食べ応え十分です。

果肉を包んでいる皮(じょうのう)が薄いので、取り除かず果肉と一緒に味わう事ができます。

中性温州の代表的な種類は?

黒板

南柑20号

南柑20号は愛媛県宇和島市のみかん農園を営む今城辰男氏によって1926年に発見された品種です。

調査が行われた南予柑橘分場から「南柑20号」と名づけられています。

1個の重量が120g程となっていますが、稀に300gを越えるサイズになる事があります。

糖度は11~12度となっており、酸味が抑えられている事で、みかんの酸っぱさが苦手な方からにお勧めな品種です。
きゅうき

1989年に和歌山県有田市で久喜護氏によって向山温州の突然変異として発見され、2014年に品種登録された品種です。

「きゅうき」という名前は発見者である久喜(くき)の名前を「きゅうき」と読み名付けられています。

糖度が13度以上と高く、酸味が抑えられている事で、みかんの酸っぱさが苦手な方にもお勧めな品種です。
向山温州

光山温州は1934年に和歌山県でみかん農家を営んでいる向山氏によって発見された品種です。

大きめなサイズで鮮やかな橙色で、みかん好きから高い人気となっている品種です。

発見から半世紀以上経った現在でも、人気のある品種です。
盛田温州

盛田温州は宮川早生の枝変わりとして佐賀県東松浦郡の盛田博文氏によって発見された品種です。

1980年に品種登録され、表面がツルツルとしている事でトマトミカンと呼ばれる事もある品種です。

普通(晩生代)温州の代表的な種類は?

ポイント

青島温州

青島温州は1978年に静岡市内で青島平十氏によって尾張温州の枝変わり品種として発見された品種です。

青島温州は日本国内においても流通数が第2位を誇る人気種です。
十万温州

十万温州は高知県香我美郡香我美町のみかん農家十万可章氏によって尾張系温州の枝変わり品種として発見された品種です。

1個の重量が120g程と大きめのサイズで糖度が高い品種です。

酸味もしっかりと含まれており、みかん本来の甘酸っぱさを楽しめます。

果汁も多くジューシーな味わいが魅力的ですが、果肉を包んでいる皮(じょうのう)が厚めとなっています。
大津四号

大津四号は1964年に神奈川県足柄下郡湯河原町の大津祐男氏によって「十万温州」の珠心胚実生から選抜した品種となっています。

果実はとても大きく濃厚な味わいを楽しむ事ができます。

大津四号の他に五号や八号が湯川町で栽培されていますが、見た目の区別がほとんど付かない事で総称して「大津みかん」と呼ばれています。
今村温州

今村温州は福岡県久留米市草野町吉木でみかん農家を営んでいる今村芳太氏によって発見された品種です。

貯蔵性に優れ、濃厚な味わいが魅力的ですが、結実が不安定で流通数が少なく「幻のみかん」とも称されています。
寿太郎温州

寿太郎温州は1975年に沼津市西浦久連でみかん農家山田寿太郎氏の青島温州から発見された品種です。

糖度が12度以上と非常に甘い品種ですが、やや小ぶりのサイズとなっています。

温州みかんの中でも、皮が厚い事で日持ちに優れている品種です。

あとがき

上記で紹介したように温州みかんにはたくさんの種類があります。

区別はつきにくいかと思われますが少し意識して好みの品種を探してみてはいかがでしょうか?

▶ みかんの名産地は愛媛県?それとも和歌山県?どっち?

▶ みかんの保存方法!日持ちさせるコツは冷蔵庫?冷凍庫?常温?