冬の時期になるとみかんを箱買いされる方や親戚や知り合いから大量に頂くケースもありますよね。

そんな数多くのみかんがある時、どのように日持ちさせていらっしゃいますか。

今回は【みかんを日持ちさせる方法とは?】についてご紹介致します。

みかんの保存はどうする?


みかんをどのように保存されていらっしゃいますか。

保存方法によって日持ちする期間が異なってくるのです。

冷蔵庫だとどれぐらい保つ?

冷蔵庫は湿度が常温よりも低くなっている事で、保存には適した方法となります。

しかし冷蔵庫で保存してしまうと、甘みが少なくなり酸味が強くなってしまう可能性があります。

さらに、冷蔵庫内の気流で乾燥し、果肉がパサパサになってしまう恐れもあります。

冷蔵庫で保存する場合は、濡らした新聞紙やキッチンペーパーで包み、密閉性の高い袋に入れると良いですね。

この方法での【冷蔵庫保存は3週間程】となります。

冷凍庫だとどれくらい保つ?

みかんは冷凍庫でも保存が可能となっています。

みかんをフリーザーパックに入れる事で冷凍保存が行えます。

冷凍保存させた場合は、全解凍してしまうとベチャベチャになってしまうので、半解凍のシャーベットで食べると良いですね。

しっかりとした方法での【冷凍保存は1年程】となります。

常温だとどれくらい保つ?

みかんは常温でも保存が可能となっており【3週間程の保存期間】となります。

しかしこれは、しっかりとした適正な環境で保存した場合の期間となります。

※腐った物を入れない
有名ドラマ「金八先生」で名言とも言える「腐ったみかん」は多くの方に衝撃を与えましたね。

実際、腐ったみかんが箱の中に一つでも入っていると、全てのみかんに影響を与えてしまい、すぐに傷みや腐りが生じてしまいます。

箱買いの場合や大量となっている時には、まず腐ったみかんが混入していないか探す事が大切です。

※冷暗所で
みかんは直射日光が当たったり、通気性が悪いと傷みやすくなってしまいます。

特に冬場はストーブや暖房にて暖かくなり易くなっているので、注意が必要です。

※段ボールに入れる時は1段ずつ新聞紙を敷く

みかんを段ボールで保存される方もいらっしゃいますよね。

段ボールは通気性が悪く、密着し易くなってしまいます。

みかん同士が密着しないように、1段ずつ新聞紙を敷くと良いですね。

日持ちさせるには何かコツってあるの?

考える女性
常温や冷蔵、冷凍とさまざまな方法にて日持ちさせる事ができるみかんですが、それでも食べきれない何て事もありますよね。

そんな時は生食ではなく加工品にすると良いです。

特に【ママレード】がお勧めです。

ママレードは水と砂糖があれば作る事ができますし、皮も余す事なく使用できるのでお勧めです。

しかも日持ちもする上、パンやヨーグルト等さまざまな活用方法があり便利です。

こうなったみかんは食べては駄目!みかんが腐っているか見極める方法は?


みかんが腐った場合に見極める方法は沢山あります。

※皮から汁が出ている

※カビが生えている

※皮がとても柔らかくなっている

※変な臭いがする

※皮が乾燥している(食べれなくはありませんが、果肉もパサパサしており美味しくはありません)

あとがき

みかんは常温は勿論、冷蔵庫や冷凍庫でも保存が可能となっています。

それぞれで保存期間は異なりますが、しっかりとした保存方法を行う事で、より日持ちさせる事ができます。

みかんが家に沢山ある時に、参考にして頂きたいと思います。

▶ 温州みかんって何で種がないの?どうやって増えたの?

▶ みかんを食べすぎると太る?下痢や腹痛、体が黄色くなるって本当?