秋はこの時期ならではの味覚が沢山ありますよね。

その中でも橙色の色合いと甘味が凝縮された柿は多くの方が待ち遠しくされていると思います。

柿は栄養が豊富な事で「医者いらず」とも言われていますよね。

そんな柿は便秘にも効果的な事は多くの方が知っていると思われます。

今回は便秘に効果的は柿が食べ過ぎは下痢になってしまう関係性についてご紹介致します。

何故柿が便秘に効果があると言われているの?


女性の多くが悩みとされている便秘。

便秘解消に効果的な食材は多くありますが、柿も便秘に効果的となっているのです。

柿にはたっぷりの食物繊維が含まれています。

便秘の原因は数多くありますが、大きな原因の一つが腸内環境の働きの低下があります。

腸内環境の働きの低下は便意の排出にも大きな影響を与えてくれます。

柿を食べる事で食物繊維の摂取に繋がり、便秘解消効果となります。

また便秘が改善される事で、体内に蓄積されている毒素や老廃物の排出にも効果的となり、高いアンチエイジング効果が期待出来ます。

柿を生食では無く、干し柿で食べられる方も多くいらっしゃいます。

干し柿にも食物繊維はたっぷりと含まれているので、便秘でお悩みの方にはお勧めとなるのです。

柿を食べ過ぎたら下痢になるの?

腹痛
食物繊維がたっぷりと含まれている事で便秘に効果的な柿。

でも食べ過ぎは下痢になってしまう事があるのです。

柿には特有の渋みがありますが、これはタンニンという成分によるものです。

タンニンには便意を硬くしてしまう働きがあり、下痢防止ともなります。

しかし柿にはペクチンという水溶性の食物繊維も含まれています。

このペクチンが便意を緩くさせてしまう原因となっており、食べ過ぎは下痢になってしまいます。

1日どのぐらい食べるのが適量なの?


柿は秋ならではの味覚ともなっており、ついつい食べ過ぎてしまう方もいらっしゃいます。

しかし柿1個には沢山のペクチンが含まれています。

下痢にならないように食べるには「1日1個」を目安とされると良いですね。

渋柿について


柿は便秘解消にも効果的ですが、食べ過ぎは逆に下痢の原因となってしまいます。

柿にも甘柿と渋柿がありますが、渋柿の方がタンニンが多く含まれています。

渋柿を渋抜きして食べてる方も多くいらっしゃいますが、渋柿の食べ過ぎは便秘になり易くなってしまいます。

普段から便秘が悩みとなっている方は渋柿には注意が必要となります。

また柿は消化が良くない食材ともなっています。

その為、柿を食べると胃に負担が掛かり腹痛を引き起こしてしまう場合もあります。

胃腸の調子があまり良くない時には柿を食べるのは避ける方が良いかも知れません。

あとがき

食物繊維がたっぷりと含まれている事で便秘解消に効果的な柿。

便秘が大きな悩みとなっているからと食べ過ぎてしまうと便秘になったり、下痢となってしまう恐れがあります。

柿を食べる量を1日1個にする事で健康被害に繋がる事無く美味しく味わう事が出来ます。

美味しくて食べ過ぎてしまう事もありますが、適量を守る事がとても大切ですね。

▶ 柿は食べ過ぎると太るけれど栄養価は高い!1個あたりのカロリーは?