秋の果物でもある柿。

一昔前はどの家庭でも植えられており、どこでも見かける事が出来ていました。

そんな柿が「二日酔いに効果的」という事をご存知でしょうか。

今回はついつい飲み過ぎてしまった時の二日酔いに柿が効果的な事についてご紹介致します。

柿が二日酔いに効果があるというのはホント?

黒板
友人や知人、会社の付き合いとお酒を飲む機会って多いですよね。

楽しい時間はついつい飲み過ぎにも繋がってしまい、翌日二日酔いになってしまう事もありますよね。

そんな沸回良いに柿が効果的となっているのです。

ビタミンCの効果

美肌効果や免疫力のアップが期待出来るビタミンC。

みかんやグレープフルーツにたっぷりと含まれている成分ですが、柿にもビタミンCは含まれています。

しかも柑橘類の2倍近くも含まれている事をほとんどの方がご存知ないと思われます。

ビタミンCは健康面や美容面に効果的なだけでなく二日酔いにも効果的なのです。

ビタミンCにはアルコール分を分解す働きがあります。

二日酔いとなってしまった時は勿論、お酒を飲まれる前に柿を食べる事でも二日酔いの改善・予防に効果が期待出来ます。

タンニンの効果

柿と言えば渋みが特徴的ですよね。

甘柿では無く、渋柿をかじってしまったなんて経験がある方も多いと思われます。

この渋みの正体が「タンニン」という成分です。

タンニンはポリフェノールの一種です。

タンニンには血液をサラサラにする働きがあります。

このタンニンにはアルコール飲料に含まれている毒素アセトアルデヒドを分解する働きがあります。

しかも柿にはたっぷりのビタミンCが含まれていますが、タンニンとビタミンCの相乗効は、より大きな効果を発揮する事が出来るのです。

二日酔いや悪酔いの原因は体内にアセトアルデヒドが蓄積される事で起ってしまいます。

柿を食べる事で、アセトアルデヒドの排出に効果的となっており、二日酔い効果があるのです。

干し柿を食べても二日酔い対策になるの?


柿を干し柿で食べる方も多くいらっしゃいます。

そんな干し柿でも二日酔い対策になるか気に掛かってしまいますよね。

干し柿でも二日酔いに効果的です。

干し柿には「カタラーゼ」という酵素が含まれています。

このカタラーゼもアセトアルデヒドを分解する働きがあります。

また干し柿にもタンニンはたっぷりと含まれており、二日酔いに効果的と言えますね。

ただ、生食と比較するとビタミンCが半減している状態となっています。

干し柿でも生柿でも二日酔い対策には効果的と言えます。

カリウムについて


ビタミンCやタンニンがたっぷりな柿は二日酔いに効果的ですが、カリウムという成分も含まれています。

カリウムは利尿作用を促進させる働きがあります。

利尿作用の促進は二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの排出に効果的となっています。

あとがき

柿は古くから「医者いらず」と言われる程、さまざまな栄養が含まれている果物です。

そんな柿が二日酔いに効果がある事を初めて知った方も多いですよね。

二日酔いとなってしまった時、お酒を飲まれる前に柿を食べる事で二日酔い対策となります。

二日酔いに大きな効果が期待できますが、二日酔いにならようにほどほどに嗜む事が大切な事と言えますね。

▶ 柿は食べ過ぎると太るけれど栄養価は高い!1個あたりのカロリーは?