秋になると多くの果物を観かける事が出来ますね。

甘みと外観の美しさが魅力な柿もこの時期が旬となります。

柿を食べる時、皮を剥かないで食べる方もいらっしゃいますよね。

今回は皮ごと食べる意見や皮を剥く意見について考えてみたいと思います。

柿を皮ごと食べる派の人の意見は?


柿を皮ごと食べる方も多いですよね。

まず柿はビタミンCが豊富な果物です。

ビタミンCには免疫力アップや細胞を活性化させる働きがあります。

このビタミンCは皮にもたっぷりと含まれている事で、皮ごと食べる方がいらっしゃいます。

また皮ごと食べる事で、美容効果も期待出来るのです。

柿の皮にはシミやそばかすの原因となるメラニン色素を作り出さない成分が含まれています。

柿を皮ごと食べると大きな美容効果が得られる為、女性にはお勧めしたい食べ方ですね。

さらに柿は食物繊維を始め、多くの栄養成分が含まれています。

果肉の部分にもたっぷりと含まれていますが、皮は特に多くの栄養が含まれています。

この栄養面の魅力さからも皮ごと食べる方が多くいらっしゃいます。

柿の皮はむくべき派の人の意見は?


「柿を食べる時には皮を剥いて食べる」という方も多いですよね。

まず皮を剥いて食べる理由として「皮が硬い」という意見もあります。

柿は果肉は柔らかいですが、皮には程良い硬さがあり食べ難いと感じてしまう事もあります。

その為、皮を剥いて食べるという方が多くいらっしゃいます。

また、皮に付着している残留農薬が気になってしまうという意見もありますね。

海外から輸入されている物だけでなく、国内産の物でも農薬が使用されています。

出荷時には農薬の濃度が厳しくチェックされていますが、気に掛かってしまう方にとっては残留農薬を口にしたくないという方もいらっしゃいます。

そのような事で、皮を剥いて食べている方もおります。

私は皮を剥く派です

ポイント
私は柿を食べる時は皮を剥いて食べます。

残留農薬は全く気に掛かりませんが、皮が残っていると食感が気に掛かります。

皮は意外と硬さがあり、果肉の食感よりも皮の食感が協調されてしまいます。

柿のシャキシャキとした食感が私は好きなので、皮を剥いて食べます。

柿の皮は再利用できる?


柿の皮を剥いて食べる方も多いですよね。

でも、皮には栄養がたっぷりと含まれているので、捨てるのは勿体ないですよね。

そこで柿の皮の再利用の方法をご紹介致します。

まず柿の皮煎餅です。

剥いた柿の皮をしっかりと洗い水気を取り、オーブンで焼き上げるとパリパリ食感が堪らない煎餅へと大変身します。

また細かく刻む事でサラダのトッピングやお菓子・パンに練り込むとアクセントにもなります。

またしっかりと乾燥させ、煮出しすると柿の風味が楽しめるお茶としても楽しむ事が出来ます。

あとがき

柿を皮ごと食べている方もいらっしゃいますが、しっかりと皮を剥いて食べている方もおりますね。

皮の食感が気に掛かる方や農薬問題が気になる方もいらっしゃいます。

水洗いする事で、農薬はしっかりと洗い流す事が出来るので、栄養たっぷりな皮もさまざまなレシピで味わってみては如何でしょうか。

▶ 柿の簡単な切り方と種ありでおしゃれに切る方法とは?