ぶどう
昔は、自宅で飼っている犬にあげるご飯などの食事は「家族の食事で残ったご飯やお味噌汁」を分けたりと余り気にせず与えていました(これは、我が家だけかも知れませんけど...)。

最近では「人間が食べる食事は塩分が多すぎる」や「人間は食べられても犬は食べないほうが良い食べ物がある」といった情報により、飼っている犬の種類や体型にあった食事を与えることが多くなりました。

私の周囲で犬を飼っているお家でも「基本は、ドックフードに茹で野菜やササミを足したものを食事として与えているけど、たまのお楽しみとして果物をあげたりする」なんて考え方のお家が多かったです。

そんな犬にとっての「たまのご褒美」的な存在の果物ですが種類によっては犬に食べさせると危険な物があるのはご存知ですか?

今回は、犬に食べさせると危険!?という噂のある「ぶどう」についで調べてみようと思います。

犬にぶどうを食べさせると危険と言われているって本当?


「犬にぶどうを食べさせると危険」という噂が本当か調べてたところ、獣医師などから「犬にぶどうを食べさせないように」との注意喚起が数多く見つかりました。

私の知識では「たまねぎ」や「ねぎ」、「香辛料」などの食品は食べさせてはいけない!!という事は知っていましたが、「ぶどう」を食べさせることが禁忌と言われていることにびっくりしました。

他の果物は、少量であれば問題ないといわれているのになぜ「ぶどう」だけが駄目なのでしょうか?

ほんの少しの「ぶどう」でも、”ぶどう中毒”になってしまえば命の危険もあるそうです。

ぶどうを食べてどんな症状が出る可能性があるの?


では、犬に「ぶどう」を食べさせるとどのような症状がでるのでしょうか?

「ぶどう中毒」になった場合、犬が「ぶどう」を食べて3時間位で腹痛を伴う下痢や嘔吐が始まるようです。

重症な場合は、おしっこの回数が増えたり、逆にでなくなったりの腎機能障害が進み最悪の場合は死んでしまう場合もあるようです。

そして、怖いのがこの症状「ぶどう」をたった数粒食べただけでも中毒症状がでてしまうということなんです!!

実はどの成分が危険かは不明だったりする?

ぶどう
そして「ぶどう」を食べる事で起こる可能性がある「ぶどう中毒」ですが、何が原因で起こっているかは特定されていないんです。

一番、有力な説では「ぶどう栽培で使用する殺虫剤や農薬などの薬品や、カビが原因では?」でした。

ぶどうより危険性が高い干しぶどう(レーズン)

黒板
「ぶどう」より、更に危険といわれているのが「干しぶどう(レーズン)」なんです。

「干しぶどう(レーズン)」は皆さんがご存知だと思いますが、生のぶどうを乾燥させて水分をなくしたものです。

もともと危険といわれている「ぶどう」を乾燥させることで出来る「干しぶどう(レーズン)」は、有害成分が凝縮する事が根拠のようです。

実は犬にぶどうを食べさせても大丈夫派の意見は?

腹痛
今回「犬にぶどうを食べさせると危険」という説をご紹介しましたが、その一方で「犬にぶどうを食べさせても問題ない」という説もありました。

食べても大丈夫という説では「ぶどうを栽培するときは、紙袋をかけるから農薬などの影響は低い」や「たまたま食べたぶどうが原因」、「過去の死亡例は、犬の体型に対し食べた量が多すぎる」といった理由が根拠のようです。

確かに、他の果物は少量であれば食べられる!事や、特にぶどうの成分から有害物質が検出されていない、のであれば「ぶどう」だけが食べると危険なのは説得力に欠けるような気もします。

私の意見は?

ポイント
今回、「犬にはぶどうを食べさせると危険」という説と「犬にぶどうを食べさせても大丈夫」という説について調べた私の意見は「ぶどうを犬に食べさせても大丈夫かもしれないけど、少しでも危険な可能性があるなら自分の飼い犬には食べさせたくない」です。

犬は、自分の体調を言葉で伝えることができません。自分の大事な飼い犬には、少しでも危険なものは与えたくないと思うのが一般的な飼い主の気持ちではないでしょうか?

まとめ

今回ご紹介した「犬にぶどうを食べさせたら危険」という噂はいかがでしたか?

皆さんの大事な飼い犬に少しでも苦しい思いをさせないように気遣う気持ちは、飼い主の方の愛情のあらわれといえそうです。

▶ 猫にぶどうを食べさせても大丈夫なの?それとも危険?

▶ ぶどうの栄養や期待される効能は?でも食べ過ぎると異変がある!