甘くて瑞々しい果肉が美味しい桃。夏に旬を迎える為、冷やして食べる方も多いのではないのでしょうか?

そんな桃ですが、傷みやすくデリケートなフルーツとしても知られています。暑い時期に家で食べることが多く、保存場所に冷蔵庫を選ぶことも多いです。

しかし実は、桃の最適な保存場所は冷蔵庫ではありません。そこで今回は甘くて美味しい桃を長く味わう為に、最適な保存方法を紹介します。

桃の保存方法と期間はどれがいい?

教師の画像
柔らかく果汁たっぷりな桃は指で押しただけで茶色く変色してしまうほど繊細です。

食材を長持ちさせる為の冷蔵庫に入れるのが最適でないとするなら、一体どのような保存方法が正解なのでしょうか?

常温

冷やしてから食べたい桃ですが、美味しい桃であればあるほど常温で保存することが1番いいとされています。

直射日光を避け、新聞紙で優しくくるんで風通しのいい冷暗所や涼しい日陰で保存してください。

桃は水分豊富なフルーツの為、エアコンや扇風機の風に当ててしまうと桃の水分が抜けて乾燥し瑞々しさが失われてしまい美味しくない桃になってしまう可能性がある為注意してください。

冷やして食べる場合には、食べる1、2時間前に冷蔵庫に入れると、甘さを損なうことなく冷たく美味しい桃を食べることが出来ます。

常温での保存の場合、桃の熟し具合や硬さの好みにもよりますが購入してから約3~4日が限度です。

冷蔵

冷蔵庫内での保存の場合も注意が必要です。桃をサランラップで隙間が出来ないようにぴたっとくるむか、ビニール袋に少し空気を入れてその中に入れておくと乾燥しにくくなる為1週間以上保存することが出来ます。

しかし冷蔵庫の冷気によって桃が持つ瑞々しい甘さが失われてしまう為、あまりおすすめしません。

冷凍はできるの?

常温で保存できる限度は3~4日の為、たくさんの桃を購入したりもらったときには保存方法に悩んでしまいます。

桃は冷凍での保存も出来る為、長期間桃を保存する場合におすすめです。うまく冷凍出来ると1ヶ月ほどの保存が可能です。

桃の冷凍方法には2種類の方法があります。1つ目は皮付きのままの桃をまるごと冷凍する方法です。初めに桃を水で優しく洗って水気を拭き取ります。このときに力を入れて触ると傷みの原因や冷凍やけの原因になります。

次に隙間が入らないようにサランラップでくるみます。最後にジップロックなどのフリーザーパックに入れて空気を抜いて冷凍します。

またまるごと冷凍することによって皮がむきやすくなり食べやすいです。

2つ目は食べやすいサイズに切ってから冷凍する方法です。こちらは少し手がかかりますが、アイスのようにすぐ食べることが出来ます。

初めに桃を水で優しく洗ったあと水気を拭き取り、皮をむいて食べやすいサイズや料理で使いたいサイズに切っておきます。次に切った桃をレモン汁に浸します。

桃を切ると林檎のように茶色く変色してしまいます。その為綺麗な桃の果肉の色を保つ為にレモン汁に浸します。浸すことが出来るくらいのレモン汁が無い場合はかけるだけでも大丈夫です。

最後にまるごと冷凍する方法の手順と同じで、隙間なくサランラップでくるみ、ジップロックに入れて空気を抜いて冷凍します。

2つの方法ともサランラップでくるんだ桃はジップロックに入れすぎないようにしてください。1袋に入れすぎてしまうと桃が凍るのに時間がかかり、味が落ちる原因となります。

桃を日持ちさせる裏技って何かあるの?

ポイント
桃をアルミホイルでぴっちりとくるむと、冷蔵庫で1ヶ月ほど保存することが可能です。

実はこの方法失敗談もあるのですが、ポイントは空気に触れないように桃にアルミホイルを密着させることがポイントです。

まとめ

考える女性
デリケートな桃ですが、こんなにもたくさんの保存方法があるとゆっくり時間をかけて食べることが出来ますね。

夏の美味しい桃を買い込んでも、秋頃まで楽しめそうです。

▶ 桃の皮のむき方!実はとても楽な方法があるって本当?

▶ 桃の栄養と効能は?食べ過ぎると体に悪いって本当?