皆さんゆうぞらという桃をご存知ですか?ゆうぞらは見た目がすごく綺麗で、甘みも強く、肉質も細かく、香りも強いという非の打ち所のない桃です。

今回はこのゆうぞらについて詳しくご紹介します。

ゆうぞらとは?

教師の画像

非の打ちどころのない桃ということですが、まずはゆうぞらがどういう風に生まれたのか、どこで食べられるのかについてご紹介します。

どういう風に品種は生まれた?

ゆうぞらは「白桃」に対して「あかつき」という品種を交配し、生まれた芽の中から選び抜かれ、育てられたものです。

1966年に茨城県の筑波にある農林水産省果樹試験場において行われました。それから、1981年に登録を出願し、1983年に正式に品種登録が認められました。

どこで食べられるの?

実は東北地方を中心に多く栽培されており、白桃系の晩生種として出回っている数は一番多いのです。

しかしながら、店頭に「ゆうぞら」という品種名で並ぶことは少ないためあまり実感はないと思いますが、気づかずに食べているかもしれませんね。

ゆうぞらという桃の味の特徴は?


ゆうぞらは「白桃」と「あかつき」の子供であること、店頭にはあまり品種名で並ばないので実は食べているということが分かりましたね。

では形、大きさ、味、食感、栄養はどうでしょうか。ご紹介いたします。

どんな形してるの?大きさは?

実際に市場に出回っているゆうぞらの重さは約250~300gのものがほとんどです。

また、ナイフを使って皮を剥かないときれいに剥くことができないほど、皮が剥きづらくなっています。

中は親が白桃ということもあり乳白色をしています。種の周りは紅く色づいています。

どんな味なの?

収穫直後は果肉が固くなっていますが、そのころから甘みが出始め、食べることができます。

一般には追熟させることでさらに甘みを引き出します。果肉は緻密で繊維が比較的少なく食べやすいです。

ほどよい甘味があり、酸味は少なく、果汁をたくさん含んでいるのでとてもおいしいです。

どんな食感してるの?

追熟させるため果肉はやわらかくなっており、果汁をたくさん含むのでなめらかな食感です。

また香りもよく、追熟に時間がかかるので比較的日持ちが良いのも特徴です。

栄養は?

ビタミンEや血行を良くするナイアシン、高血圧を予防するカリウムなどが豊富に含まれています。

また、食物繊維も豊富に含まれ、そのなかでもコレステロール値を下げたり、便秘改善が期待できる水溶性食物繊維のペクチンがたくさん含まれています。

ゆうぞらの旬の時期はどこで主に栽培されているの?

ポイント
ゆうぞらは酸味が少なく、ほどよい甘味でおいしいということが分かりましたね。日持ちが良いというのも良いところですね。

ではゆうぞらの旬の時期はいつなのか、どこで主に栽培されているのかについてご紹介します。

旬はいつ?

収穫は8月の中下旬ころから始まります。そして9月の上旬から中旬にかけて出荷されます。

これは栽培される地域によっても異なりますがおおむねこの時期といえるでしょう。

どこで栽培されるの?

主に東北地方を中心としていますが、甲信越地方でも作られています。日本で最もたくさん栽培しているのが福島県です。

66.8haで全国の半分ほどを福島県が生産しています。他にも山形県や山梨県も多く生産しています。

おいしいゆうぞらの見分け方


最後に店頭でおいしいゆうぞらを見分ける方法をご紹介します。果実全体の色が紅く、ふっくらと張りのあるものがおいしいことを表しています。

また、形が左右対称になっているものが良いでしょう。これはゆうぞらに限らず桃全般に言えることなのでぜひお試しください。

まとめ

今回はゆうぞらの味や旬、特徴についてご紹介しました。親が「白桃」と「あかつき」で、酸味が少なく、程よい甘さのおいしい桃でした。

いかがでしたでしょうか。最後に紹介した見分け方もぜひ試してみてくださいね。

▶ 黄桃と白桃の違いとは?美味しいのはどっちなの?

▶ 固い桃を柔らかくする方法を徹底解説!