ジューシーな果樹がたっぷりと凝縮された桃の訪れを待ち遠しくしている方はたくさんいらっしゃいますよね。

そんな桃にも数多くの種類がありますが、「長沢白鳳」という桃をご存知でしょうか。

今回は根強いファンから人気が高い長沢白鳳に注目してみたいと思います。

長沢白鳳とは?

教師の画像
長沢白鳳は山梨県にて白桃の代表格とも言える「白鳳」の枝変わり品種として発見された桃です。

発見者の長沢氏の名前から「長沢白鳳」と名付けられ1985年に品種登録されています。

白鳳よりも収穫時期が遅いので、桃の訪れを待ち遠しくしている方には少しガマンして欲しい所もありますが、白鳳の出回りが終わった後でも味わうことができるので、長い時期で桃を味わえる品種の一つとも言えますね。

長沢白鳳という桃の味の特徴は?


長沢白鳳は300g程と大きめのサイズの桃で食べ応え十分、外観は濃厚な紅色に全体が染まり、果肉もほんのんりとした紅色が魅力の一つとなっています。

酸味が抑えられ甘味がしっかりと含まれているので、桃本来の甘さを楽しむ事ができます。

果肉は程良い硬さがあるので、サクサクとした食感が堪りませんし、また果肉に硬さはある事で日持ちしやすい品種ともなっています。

そのままでもおいしく味わう事ができますが、スイーツやスムージー、サラダとしても楽しめる品種です。

長沢白鳳全体から甘い香りがしてくると食べ頃となっているので、購入時の目安にすると美味しい長沢白鳳を楽しめますね。

長沢白鳳の旬の時期はどこで主に栽培されているの?


長沢白鳳は山梨県で発見された品種となっている事もあり、国内生産量の40%程が山梨県産となっています。

山梨県以外では福岡県や京都府、長野県といった西日本エリアで主に栽培されています。

長沢白鳳は8月上旬が旬の時期となっているので、桃を食べ忘れた方や桃をもっと堪能したいという方におススメな品種となっています。

皮の剥き方

ポイント
長沢白鳳は程よい硬さがあるので、手で皮を剥くのが難しい品種となっています。

包丁で剥いても良いのですが、よりキレイに剥く方法があります。

まず熱湯に桃を10秒程潜らせます(時間が長すぎると桃に熱が加わってしまいます)

そして氷水に入れるだけ(時間が長すぎるとビタミンCが逃げ出したり、果肉が水っぽくなってしまいます)

ご家庭用は勿論、お客様へもおもてなしにもキレイに剥く事ができます。

まとめ

白鳳の枝変わり品種として発見され、多くの方から親しまれている長沢白鳳。

整った味わいだけでなく、食感も楽しめる品種となっているので、サクサク感が好きな方に是非おススメしたい品種となっています。

8月になったらスーパーで見かける桃は長沢白鳳かもしれないので、一度は味わって欲しいですね。

▶ 黄桃と白桃の違いとは?美味しいのはどっちなの?

▶ 固い桃を柔らかくする方法を徹底解説!