マンゴーといえば、あの甘く濃厚な味わい、芳醇な香りを思い浮かべる人も多いかと思います。

今回は少しそれらから離れて、「マンゴー」という名称についてお話ししたいと思います。

意外と知られていない漢字表記、その由来をご紹介します!

マンゴーは漢字で書くと実は複数ある?

教師の画像
現代中国語で表記すると、一般的に「芒果」と「檬果」の2種類があります。

その他にも仏典から由来する漢字表記が何種類かありますのでご紹介します。

マンゴーは一般的に漢字で芒果と書く?由来は?


その答えは、YESで「芒果」と漢字表記されます。

その由来についてですが、マンゴーの原産地は中国ではないため中国語にとってもマンゴーは外来語となります。

マレー語(現代のマレーシア語やインドネシア語)のmanggaもしくは他の東南アジアの言語からの音写です。もちろん、現代中国語でも発音は、manggaになります。

実はマンゴーは檬果とも書く?

ポイント
こちらも答えは、YESです。

芒果と同じく、「檬果」もまたマンゴーという音に似ていることから当てられた漢字です。

別の説としては、檸檬(れもん)に形が似ていることから、この「檬」という漢字が当てられたとも言われています。発音は、mangguoになります。

中国語とは別に台湾語では檨仔と漢字表記され、「ソァイアー」と呼ばれています。

台湾では日本のマンゴーのように温室で、徹底管理のもと栽培されているものとは違って、屋外の樹木で野性的に育てられているため安価で手に入ります。

旬のものを選べば、美味しくいただけますよ!

実は他にも漢字で菴羅、菴摩羅とも書くことがあったりする?


こちらも答えは、YESです。

どちらの表記も、仏典よりサンスクリット語のamra(アームラ)を音写したものです。

ちなみに、サンスクリット語は、古代インドのアーリア語に属する言語のことです。菴羅(あんら)は、奄羅とも表記され、別に菴没羅(あんもら)と書かれることもあります。

どれも仏典では、「美味」の代表として表されています。また、菴摩羅(あんまら)は、同じく仏典で「聖なる樹木」を表しており、護摩木に使用されています。

ちなみに、護摩木とは護摩修法のときに火炉に投じて燃やす木のことです。実はマンゴーは、仏教に関わりが深い果樹なのですね。

またヒンドゥー語では、マンゴーは万人を支配する神「プラジャーパティ」の化身であると例えられています。

そもそもマンゴーって何語なの?


マンゴーは、インドで4000年以上前から栽培されている歴史ある果樹であり、先にお話しした通り仏教の経典にもその名が見られます。

ですので、語源は南インドのタミール語の「マンギー」、インドネシアのジャワ語の「マンガ」が転訛して、「マンゴー」という英名がついたという説が有力です。

日本語のマンゴーの由来は?

ポイント

英名のmangoから、更にポルトガル語のmanga、マレー語のmangga、南インドのタミール語のmankayから伝わったと言われています。

まとめ

日本からするとマンゴーは外来語ですので、片仮名で表記されることがほどんどだと思います。本来、様々な果物に漢字が当たられています。

また、その由来をたどっていくと面白い発見もあります!是非みなさんも漢字から由来をたどってみてはいかがでしょうか。

最後に、お馴染みの果物に当てはめられた、意外な漢字をご紹介して終わりにしたいと思います。

アケビ 木通・通草

アンズ 杏・杏子

イチゴ 苺

イチジク 無花果

オレンジ 甘橙

サクランボ 桜桃

ザクロ 石榴

スターフルーツ 五歛子

スモモ 李

パイナップル 鳳梨

ハッサク 八朔

バナナ 甘蕉・実芭蕉

パパイヤ 木瓜・蕃瓜

ビワ 枇杷

ブドウ 葡萄

ミカン 蜜柑

メロン 甜瓜

ライチ 茘枝

リンゴ 林檎

▶ ライチの保存方法は?日持ちさせるコツとかってあるの?

▶ ライチの栄養と効能は凄い?でも食べ過ぎると体に悪い?