キウイはビタミンCがたっぷりと含まれており、女性から絶大な人気を誇っていますよね。

さて、キウイを食べる時は皮を剥いて食べるのが一般的ですよね。

でも「キウイは皮ごと食べれるの?」と感じる方もいらっしゃいますよね。

そこで今回は【キウイは皮ごと食べられるのか?】【農薬の危険はないのか?】

についてご紹介します。

キウイの皮に含まれている栄養と期待できる効能は?

教師
キウイの皮を食べる方がいるのか気に掛かりますが、そもそもキウイの皮に栄養が含まれているのか?ですよね。

実はキウイの皮にはさまざまな栄養が含まれています。

ポリフェノール

キウイにはポリフェノールが沢山含まれていますが、果肉よりも皮の方に多く含まれています。

強い抗酸化作用があり、シミやシワ、そばかすといった肌トラブルの予防改善に優れた効果が期待できます。

女性の多くが肌の老化や劣化が大きな悩みとされていますが、これは肌細胞の酸化が大きな原因となります。

ポリフェノールには肌細胞の酸化を防ぐ働きがあり、老化や劣化予防に欠かせない成分なのです。

食物繊維

便秘で辛い毎日を過ごされている方って多いですよね。

便秘は腸内環境の働きが低下している事が大きな原因となります。

食物繊維には腸内環境の働きを促進させる効果があります。

腸内の働きが促進される事で、便意の排出が行われ便秘解消効果や代謝アップ、さらには蓄積されている老廃物や毒素の排出も行われ、アンチエイジング効果を得る事もできます。

カリウム

浮腫みは女性の多くが悩みとされていらっしゃいますよね。

浮腫みは体内中の水分量が多くなっている事や、塩分濃度が高い事が多きな原因とされています。

カリウムには利尿作用を促進させ、体内中の過多となっている水分や塩分を尿や発汗にて排出させる働きがあります。

キウイを皮ごと食べるのは危険?農薬とかが心配?


キウイの皮には、多くの栄養が含まれており、皮ごと食べて頂きたいのです。

しかし、皮ごと食べるとなると、農薬が付着しているのかが気になりますよね。

キウイのほとんどがニュージーランド産となっています。

ニュージーランドでは、農薬を始め、食材の栽培にはとても厳しい検査や規定があるのです。

日本でも、農薬については厳しい規定がありますが、ニュージーランドも高いレベルで管理が行われています。

農薬を使用して栽培が行われていますが、健康被害に繋がらない量となっています。

キウイを皮ごと食べる際には、流水でしっかりと洗う事や食材対応の洗剤で洗うと、農薬をキレイに落とす事ができます。

私は皮を剥いて食べます

ポイント
まず、農薬が付いてるのではという不安感があります。

そして、キウイと言えば皮に産毛が沢山生えていますよね。

皮ごと食べると、この産毛が気に掛かってしまいそうなので、皮を剥いて食べます。

あとがき

キウイの皮に沢山の栄養が含まれている事を初めて知った方もいらっしゃいますよね。

農薬が気に掛かる方もいらっしゃいますが、流水でしっかりと洗う事で落とす事ができます。

食感等が気に掛からない方は、是非皮ごと食べて頂きたいと思います。

▶ 国産キウイが増加?ニュージーランド産との違いは?

▶ キウイの旬って夏?それとも冬?答えは・・・