みかんは日本人にとって馴染み深い果物ですよね。

昔からどの家庭でもごく当たり前に食べられており、子供からご年配にまで親しまれています。

しかし、近年の子供たちの中にはみかんは苦手をされる傾向があるのです。

今回は【どうして子供たちはみかんが嫌いなのか?】【みかんを好きになってもらえる対処法とは?】について考えてみたいと思います。

みかんが嫌いな理由と対処法を考える!

教師の画像

みかんを苦手としてしまう子供が多くおりますが、それにはさまざまな理由があります。

「皮を剥くのが面倒くさい!」対処法は?

みかんは皮に包まれた果物です。

リンゴのように皮事食べられるなら剥く必要もありませんが、みかんは皮を剥くのが一般的ですよね。

しかし皮を剥く事自体が面倒くさいと感じてしまう子供がいらっしゃいます。

また、皮を剥くと手が汚れてしまいますよね。

その為、みかんを食べる度に手を洗わなければならないのが面倒くさいと感じる子供もいるのです。

このように「皮を剥くのが面倒くさい」と感じる子供には、しっかりと皮を剥いた状態で提供すると、みかんを好きになってくれると思われます。

「白い筋や薄皮が口当たりが悪い」対処法は

みかんと言えば果肉まわりに付着している白い筋や薄膜が口当たりが悪いとしてみかんを苦手とされる子供もいらっしゃいます。

みかんの白い筋は実は栄養が豊富となっており、果肉と一緒に食べるという方もいらっしゃいますが、気に掛かる方にとっては苦手となってしまう部分ですよね。

また果肉の周りにある薄膜(じょうのう膜)も栄養はありますが、口当たりが悪くなってしまいますよね。

このように「白い筋や薄膜が口当たりが悪い」と感じる子供には、しっかりと取り除いてあげるか、既にキレイな状態となっている缶詰がお勧めとなりますね。

「酸味が強いから」対処法は?

みかんは酸味が強い果物でもあります。

みかんの酸っぱさが苦手という子ども多くいらっしゃいます。

みかんは甘酸っぱさが特徴的ですが、酸味が強い品種もあります。

「酸味が強いから」という子供には酸味が少なく甘味が強い品種を食べさせると、好きになるかも知れませんね。

また、しっかりと完熟されたみかんは酸味が和らぐので、完熟状態になったみかんも対処法となります。

「食べてお腹が痛くなったから」対処法は?

「みかんを食べたらお腹が痛くなった」なんて子供もいらっしゃいます。

みかんは沢山のクエン酸が含まれている事で、胃痛を起こしてしまう事があります。

またみかんは消化し難いという点も痛みの原因と考えられます。

「食べてお腹が痛くなった」と感じる場合は適量食べる事で、痛みを感じる事なく美味しく味わえると思います。

みかんが苦手でも缶詰やみかんゼリーだと食べれる?

ポイント
生食のみかんは苦手でも「缶詰やみかんゼリーだと食べれる」なんて子供が多くいらっしゃいます。

缶詰やみかんゼリーは甘味がプラスされたり、食べやすく加工されている事で、食べれるという子供が多いと思われます。

缶詰やみかんゼリーにもみかんの栄養成分は含まれているので、生食では食べれなくても缶詰やみかんゼリーを食べる事で、みかんを好きになってくれれば良いと思います。

あとがき

子供がみかんを嫌いとしてしまうには多くの理由があるのです。

加工品となっている状態だと、食べる事が出来る子供も多くいるので、一工夫する事で苦手を克服できるかも知れませんね。

▶ みかんの缶詰の汁(シロップ)は活用する?それとも捨てる?

▶ みかんとコーヒーの食べ合わせは悪い?その理由とは?