いちごの画像
いちごはスイーツやスムージーといった多くの加工品で食され、世界中で親しまれていますよね。

さて、いちごが好きな方って多いと思われますが、いちごが嫌いな方もいらっしゃいますよね。

今回は【いちごが嫌いな理由とは?】についてご紹介します。

いちごが嫌いな人は何が苦手なの?

教師

酸っぱい

いちごは甘酸っぱさが特徴的な果物ですよね。

しかし、収穫された時期や品種によっては「甘み」よりも「酸味」が強い品種があります。

甘みが強い品種はそのまま食べると美味しく、酸味が強い品種はスイーツ等に加工すると絶品です。

しかし、酸味の強いいちごを生食で食べると「酸っぱい」と感じてしまう事が多くあります。

その為、酸味の強いいちごを食べてしまい酸っぱさを感じてしまった方はいちごが嫌いになる理由の一つとなります。

粒粒な感じや小さな毛みたいな部分が食べるのに抵抗がある

いちごは果肉部分に沢山の粒粒があったり、果肉の表面に小さい毛が生えていますよね。

この粒粒感や毛を食べるのは「ちょっと」と感じてしまう方がいらっしゃいます。

先端が潰れて変色している

いちごは先端が尖っている事が多くあります。

しかし、輸送中等に先端部分が潰れてしまい、先端がグニュッと柔らかく変色している事が多くありますよね。

この潰れたいちごを見ると「腐っているのでは?」と感じてしまう方もいらっしゃいます。

そんな潰れたいちごを見た時から、いちごが嫌いになったなんて方もいらっしゃいます。

虫が付着していた

いちごには緑色のヘタがあります。

そんなヘタの裏側には沢山の隙間がありますが、この部分に虫が隠れている場合があります。

虫が苦手な方にとってはいちごのヘタに隠れている虫は絶対に無理な存在となりますよね。

そんな虫付きのいちごを見てから嫌いになったなんて方もいらっしゃいます。

いちご嫌いが克服するためにはどんな食べ方をすればいい?


子供に限らず大人の多くにいちご嫌いが見かけられます。

でも、いちご嫌いな方が克服できる食べ方をご紹介します。

いちごミルク

いちごと牛乳って最強のコンビですよね。

しかしいつものいちご牛乳にひと手間加えるだけでいちご嫌いな方でも美味しく味わえるいちごミルクを作れちゃうのです。

1.いちご10粒くらいをジューサー(ジューサーがなければフォークで潰す)でジュースにする

2.サラシなどで濾して粒粒を取り除く

3.ジュースをジューサーに戻して、牛乳200CCと砂糖30gをいれてジューサーで混ぜたら出来上がり

酸っぱい味わいが甘くなり、いちごの粒粒もしっかりと取り除かれるので、酸味や粒粒が苦手な方も美味しく味わえます。

あとがき

いちごはスイーツやソースを始め、あらゆる加工品で食べられています。

しかしいちごの酸味や粒粒がいが手とされる方もいらっしゃいます。

これらの嫌いとなっている部分に一手間工夫を凝らすだけで、克服できるレシピもあるので、是非参考にされてみては如何でしょうか。

▶ いちごのヘタのとり方!実は簡単に取れる裏技があるって本当?

▶ いちごのヘタは食べる?捨てる?期待できる効能と体への害はないの?



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください