爽やかな香りと酸味が凝縮されたレモンはジュースやお酒、お菓子とさまざまな加工品で親しまれています。

そんなレモンの品種を気に掛けた事がありますか。

レモンには「ユーレカレモン」や「アレンユーレカ」という品種もあるのです。

今回は日本だけでなく世界中で親しまれているユーレカレモンやアレンユーレカレモンについてご紹介します。

ユーレカレモンとは?


ユーレカレモンは南アフリカやカリフォルニアの太平洋沿岸部で栽培が盛んに行われている品種です。

レモンと言えば「リスボンレモン」が有名ですが、リスボンレモンと外観がよく似ています。

重量は110~130g程で種が少なく、果汁がたっぷりと詰まっています。

アレンユーレカレモンの特徴は?

教師の画像
アレンユーレカレモンはユーレカレモンの枝変わり品種となっています。

ユーレカレモンよりもトゲが少ない品種です。

ユーレカレモンよりも小ぶりで丸形となっています。

耐寒性はレモンの品種の中でも劣ってしまう品種ですが、酸味と香りに豊かさが人気の品種です。

またアレンユーレカレモンが人気となっているのが四季成り性質の品種という事もあります。

アレンユーカレレモンは9月~翌年5月頃まで収獲可能な品種となっています。

この年間通して収獲可能となっている面も生産者や購買者から人気となっている魅力と言えます。

食べた時の味の特徴は?


ユーカレレモンは香りが強く、たっぷりの果汁が魅力となっています。

ジュースとしての加工品にもピッタリですが、そのまま料理に使用して香りを楽しむと良いですね。

リスボンレモンとの違いは?


リスボンレモンもユーレカレモンもレモンの品種の中ではトップクラスの人気と知名度を誇っています。

そんなリスボンレモンとユーレカレモンの違いをご紹介致します。

リスボンレモン

耐寒性や風に強い品種

国内産は9月~12月頃、輸入品は通年が出回り時期

ユーレカレモン

耐寒性がリスボンレモンよりも劣る

リスボンレモンよりもトゲや種が少ない品種

輸入品は6~9月、国内産は9~12月頃が出回り時期

国産のユーレカレモンの旬の時期や主な生産地は?

ポイント
ユーレカレモンは国内においても人気が高い品種となっており、各地で栽培が行われています。

中でも愛媛県や広島県で栽培が盛んに行われています。

国産のユーレカレモンの旬は9~12月頃となっており、豊かな香りと酸味が凝縮されたたっぷりの果汁を楽しむ事が出来ます。

その他


ユーレカレモンはリスボンレモンのように果汁も多く香りが強い品種となっています。

生食としては勿論、ジュースやドレッシングの材料としても人気が高い品種です。

ユーレカレモンの枝変わり品種としてアレンユーカレレモンがありますが、家庭菜園としても高い人気があります。

あとがき

ユーレカレモンと枝変わり品種となっているアレンユーレカレモンはレモン本来の香りと酸味を味わえるとして幅く使用されています。

フレッシュなユーレカレモンをたっぷりと使い、毎日の食事をもっと美味しく味わってみては如何でしょうか。