秋は多くの味覚を味わう事が出来ます。

中でも甘味が堪らない柿は待ち遠しくされている方も多いですよね。

柿はシャキシャキとした食感も魅力的ですが、熟し過ぎてしまうとベチャベチャになってしまいますよね。

今回は熟し過ぎてしまった柿を美味しく食べる方法についてご紹介致します。

柿は何故放置していると柔らかくなってしまうの?


柿って放置してしまうと柔らかくなってしまう為、柿の食感が好きな方にとっては大きな悩みともなってしまいます。

柿を放置すると何故柔らかくなってしまうのか分からない方もいらっしゃいますよね。

それは「追熟」という果物や野菜で起きる現象です。

収獲してしまうと熟成が止まる物も多く、十分な完熟状態になったのを確認してから収穫される物も多くあります。

しかし柿は収穫してからも熟成が進む果物となっています。

この収獲してからも熟成が進む現象が追熟となっているのです。

店頭で販売されている事は追熟さ、食べ頃の状態となっているのです。

つまり購入後から放置され、時間が経ってしまうと追熟されベチャベチャに柔らかくなってしまうのです。

過熟してしまった柿を食べるおすすめの方法は?


追熟してしまった柿は果肉が柔らかくトロッとしています。

勿論、腐っているワケではないので食べる事は出来ますが、柔らかい柿は食べ難さもありますし、柿のシャキシャキとした食感が好きな方にとっては苦手になってしまう事もあります。

そこで追熟した柿を美味しく食べる方法をご紹介します。

シャーベットにする

果肉が柔らかくなった柿を冷凍庫で凍らせ、半解凍状態のシャーベットで食べると美味しく味わう事が出来ます。

ジャムにする

追熟してしまった柿を鍋で煮詰める事で、柿ジャムを作る事が出来ます。

パンやアイスのトッピングとしては勿論、保存性も高いので大量に柿が余ってしまった場合にお勧めな方法と言えますね。

過熟している状態と腐っている状態の見分け方は?

追熟すると果肉が柔らかくなってしまいます。

しかし腐っている状態と見分けが付かないという方もいらっしゃいますよね。

そこで腐っている状態をご紹介致します。

味がおかしい

腐っている柿は酸味があったり、舌にピリッとした感覚を感じる事が出来ます。

全体がブヨブヨに柔らかくなっている

追熟は果肉が柔らかくなっていますが、皮はしっかりとしたハリがあります。

しかし腐ってしまうと、皮もブヨブヨとなり、指で押すとカナリの弾力を感じる事が出来ます。

果肉から水分が出ている

腐ってくると実割れが生じ、水分が滲み出てきます。

水分が出ていないのかを確認するとよいです。

黒ずんでいる状態

柿は皮や果肉に黒みが観かける事が出来ます。

しかしこれはタンニンというポリフェノールによるものなので、全く問題はありませんが、皮や果肉全体が黒ずんでいると腐っている可能性が高いです。

ブヨブヨになっている上、全体が黒ずんでいると腐っている状態なので、食べない方がよいです。

あとがき

追熟してしまうと、果肉が柔らかくなってしまいますが、この柔らかさが好きな方も多くいらっしゃいますよね。

でも追熟状態なのか腐っている状態なのかを見極めて食べる事がとても大切ですよね。

▶ 柿が黒い!こういう時は食べていい?食べてはいけないの判断方法は?