りんご
真っ赤な色合いとシャキシャキとした食感、甘酢っぱさと芳醇な香りが魅力的なりんご。

生食は勿論、アップルパイといったお菓子でも人気のフルーツですね。

そんなりんごにも多くの品種がありますが、「陸奥」という品種も高い人気を誇っています。

陸奥というりんごについてご紹介します。

陸奥というりんごの品種について

教師の画像
陸奥は1930年に青森県りんご試験場にて「ゴールデンデリシャス」と「印度」の交配で誕生した品種です。

1948年に「陸奥」という名前で品種登録されています。

陸奥は日本で人気の高い品種となっていますが、海外でも重宝されている品種となっており、英語ではクリスピンという名前で親しまれています。

陸奥はあまり着色しない品種となっている事で外皮の色合いが薄い物も多くあります。

その為、お尻の部分が黄色くなっている物は完熟しているサインとなり、見分けるポイントともなります。

また手に持った時に重量感のある陸奥を選ぶ事も大切なポイントとなります。

重量感のある物は果汁がたっぷりと詰まっている証拠ともなり、より美味しい陸奥を味わう事が出来ます。

陸奥というりんごの味や形など食べた時に感じる特徴は?

りんご
陸奥は1個400~500g程の重量があり大きいサイズの品種です。

甘味が強い品種となっていますが、程良い酸味が含まれている事でリンゴ本来の甘酸っぱさを味わう事が出来ます。

さらに果汁も多く、頬張ると口いっぱいに甘酸っぱい果汁を楽しむ事が出来ます。

陸奥はふっくらとした形が魅力的ともなり、外皮はピンク色掛かった鮮やかな赤色も美しさの一つです。

陸奥は本来、黄色の色合いが強い品種となっていますが、栽培時に袋掛けを行う事で鮮やかな赤色に染めているのです。

このお色合いの美しさが日本のみならず、海外でも人気の一つと言えます。

陸奥は果肉が粗目となっている事で、お菓子用に不向きな品種となっています。

その為、生食で味わうのがもっとも美味しい食べ方と言えます。

陸奥はどこが主な生産地?旬の時期は?

教える女性
陸奥は青森県で誕生した品種となっており、青森県が主な産地となっています。

陸奥の国内栽培量の95%以上が青森県となっており、流通されている陸奥は青森県産と言える程です。

青森県以外では岩手県や福島県といったエリアで栽培されています。

そんな陸奥は通年を通して流通されており、時期に関係なく味わう事が出来ます。

収獲は10月頃から始まり、翌年夏頃まで行われています。

そんな陸奥は11月~12月頃が最も美味しい旬となっており、この時期の陸奥がおススメとなります。

あとがき

青森県には多くのリンゴの品種があり、高い人気を誇っているりんごが多くありますが、陸奥は国内だけなく海外でも人気のある品種です。

陸奥は絵文字が入った「絵文字りんご」もあり、事でもクリスマスといったイベント事でも人気を博しています。

美味しさだけでなく、見た目でも重宝されている陸奥は多くの方から親しまれています。

▶ りんごの栄養と効能、食べ過ぎるといけない理由はあるの?