りんご
甘酸っぱさとシャリシャリ感が大きな魅力となるりんご。

日本だけでなく世界中で親しまれているフルーツともなっています。

そんなりんごにも多くの品種がありますが、「陽光」という品種をご存知でしょうか。

全国的にも流通され、多くのファンがいる陽光についてご紹介します。

陽光というりんごの品種について

黒板
陽光は1962年に群馬県園芸試験場北部試験地にて「ゴールデンデリシャス」の自然交配によって誕生した品種です。

1979年に登録出願され、1981年に品種登録されています。

ゴールデンデリシャスの自然交配種となっている事で、どの品種が親なのかは未だに解明されていません。

りんごと言えば青森県や長野県が主な産地として知られていますが、陽光は群馬県で誕生した品種となっており、群馬県を代表する品種とも言えます。

美味しい陽光は真っ赤に色付いているもの程、完熟状態となっており色付きの良い陽光がおススメとなります。

またお尻の部分が青色ではなく、黄色い物も完熟のサインとなります。

また手に持った時に重みを感じられる陽光をチョイスする事です。

りんごは収穫してから時間が経過すると果汁が抜けてしまい中身がスカスカとなってしまいます。

重みが感じられる陽光は収穫後、それ程時間が経過しておらず、果汁が十分に蓄えられています。

陽光というりんごの味や形など食べた時に感じる特徴は?

りんご
陽光は1個の重量が300~350g程あり、真っ赤な外皮の美しさを持つ品種です。

甘味が強く、程良い酸味があり、りんご本来の甘酸っぱさを楽しむ事が出来ます。

このりんごならではの味わいに多くの方がファンとなられています。

また果肉はクリーム色で程良く硬さがあり、噛む度にシャリシャリとした食感が魅力ともなっています。

果汁もたっぷりと詰まっており、爽やかな香りも楽しめます。

生食だと果汁も多く食感も楽しめますが、果肉に程度良い硬さがある事でスイーツの材料やジャムにもピッタリな品種です。

陽光はどこが主な生産地?旬の時期は?

ポイント
陽光は群馬県で誕生した品種となっており、国内生産量の約30%が群馬県産です。

群馬県に次いで福島県や長野県、山形県といったエリアで栽培されています。

そんな陽光は10月上旬~11月下旬頃が集荷宇敷となっており、最も美味しい旬は収穫後の10月となっています。

甘酸っぱさと溢れ出る果汁を心行くまで堪能されたい方はこの時期の陽光がおススメです。

あとがき

群馬県が誇る多くの人を虜とさせてしまう陽光。

甘味と酸味のバランスがよく、ついつい食べ過ぎてしまう事も多々あります。

すっきりとした味わいが、陽光の大きな魅力ともなっています。

▶ りんごの保存方法!日持ちさせるには冷凍が一番?