りんごを食べる時皮をって剥いたりしていますか。

皮も一緒に食べるという方も多くいらっしゃいますが、「剥いて食べる」なんて方も多いですよね。

そんなりんごを皮ごと食べてしまうと「農薬は大丈夫?」と心配に思う方もおります。

りんごの皮に含まれている栄養や農薬の心配についてご紹介致します。

りんごの皮に含まれている栄養と期待できる効能は?

黒板
りんごの皮は赤くなっており、果肉の色合いのコントラストが美しい事で皮ごと調理される方もいらっしゃいます。

そんなりんごの皮には多くの栄養が含まれています。

アントシアニン

ブルーベリーに多く含まれる成分として、高く注目されていますが、アントシアニンはポリフェノールの一種です。

眼精疲労や視力の改善、さらには緑内障や白内障といった症状の予防や緩和にも高い効果が期待出来ます。

プロシアニジン

プロシアニジンもポリフェーノールの一種となっており、強い抗酸化作用を発揮します。

抗ガン作用やコレステロールの低下、美白効果や育毛効果と病気や症状の予防緩和だけでなく、高いアンチエイジング効果も期待出来るのです。

エピカテキン

エピカテキンもポリフェノールの一種となっており、強い抗酸化作用が期待出来ます。

体内の活性酸素を除去する働きに優れており、動脈硬化や高血圧の予防に大きな効果が期待出来ます。

りんごには数多くのポリフェノールが含まれておりますが他にも注目したい栄養があります。

ペクチン

ペクチンは水溶性食物繊維となっており、血糖値の上昇やコレステロール値の抑制に効果的となっています。

さらに整腸作用を促進させる効果がある事で高いデトックス効果も期待出来ます。

またカリウムも含まれています。

カリウムには体内中の塩分を排出させる効果があります。

体内中の塩分濃度が高いと脳卒中や脳梗塞といった病気の発症の原因となります。

カリウムには汗や尿にて塩分を排出する効果があり、これらの病気の予防に繋がります。

皮ごと食べたら農薬や毒の成分はあるの?

ポイント
りんごの皮には多くの栄養成分が含まれており、皮ごと食べて欲しいのですが、皮に農薬が付着していたり毒が含まれていないのか心配になってしまいますよね。

りんごの皮には農薬が付着しています。

やはり品質維持に農薬は欠かす事が出来ない物となっており、出荷時においては少量ですが農薬が付着していると考えた方が良いですね。

ただ流水でしっかりと洗い流せば、農薬は落とす事が出来るので、皮ごと食べる際には流水で洗う事で大きな心配は必要ないです。

根本的に日本の残留農薬基準はかなりシビアとなっており、農薬が残っていたとしても大きな健康被害に繋がる危険性はありません。

また毒については、毒素は含まれていませんが、食べ過ぎは胃腸の不良や下痢の原因に繋がってしまうので、適量の摂取が好ましいですね。

あとがき

多くの栄養が含まれているりんごの皮。

見た目の美しさもある事で、皮ごと食べる方も多くいらっしゃいます。

でも皮ごと食べる際にはしっかりと流水で洗い流す事がとても大切な事となります。

▶ りんごの栄養と効能、食べ過ぎるといけない理由はあるの?