りんご
りんごはスーパーで購入する事もあれば、大量に頂く事もあります。

でも大量に頂いた際に困るのが保存方法となります。

りんごがより日持ちする保存方法についてご紹介します。

りんごを常温で保存するとどのぐらい保つ?

教師
りんごを常温で保存されている方は多くいらっしゃいますよね。

りんごを常温で保存させる場合に重要なのが室温です。

冬場のように寒い時期の室温だと5度以下程となり、この温度帯での保存期間は1か月程となります。

新聞紙等で包んだり、風通しの良い環境だとこれくらいの期間は保存可能となります。

夏場のように室温も高くなるような時期だと、新聞紙等で包み、風通しの良い環境で保存しても1週間程となっています。

りんごを冷蔵庫で保存するとどのぐらい保つ?

りんご
りんごを冷蔵庫で保存されている方も多くいらっしゃいますが、りんごからはエチレンガスが発せられています。

その為、りんごを冷蔵庫で保管すると、冷蔵庫内の食材が傷んでしまう事があります。

極力室温が低い時には常温がおススメとなります。

冷蔵庫で保存する場合には乾燥を防ぐため、新聞紙等で包み、野菜室での保存がおススメとなります。

冷蔵庫での保存は2~3週間程となっており、貯蔵性に優れた品種であれば2か月程の保存が可能となります。

りんごを冷凍庫で保存するとどのぐらい保つ?味や食感は劣化する?

教える女性
食べきれなく冷凍庫で保存したいなんて方もいらっしゃいます。

しかし冷凍保存してしまうと美味しさが半減したり、酸化によって変色の原因ともなります。

冷凍保存する際には適当な大きさにカットし、果肉をレモン汁でまぶす事が大切です。

そして密閉性に優れた袋等に入れる事で冷凍保存が可能となり、3か月程の保存期間となります。

食べる時は自然解凍を行い、完全解凍しない事がおススメです。

完全解凍してしまうと、食感や香りが半減してしまうので、半解凍のシャーベットやお菓子等の加熱調理として使用する事がおススメとなります。

りんごを日持ちさせるコツってあるの?

りんご
よりんごを日持ちさせるコツはいくつかあります。

まず新聞紙等で包む事です。

りんごは収穫してから水分が抜けている状態となります。

外気に触れている状態であっても乾燥は進行しています。

その為、新聞紙等でしっかりと包む事が大切です。

さらに風通しの良い環境も重要なポイントです。

風通しが悪いとすぐにカビが生えてしまいます。

これらの方法で保存する事が、長期間に渡りりんごを日持ちさせるコツとなります。

特に長期間保存したいとお考えの方には、冷凍保存がおススメと言えます。

りんごが腐っているか見分け方は?

腹痛
りんごが腐っているのかは中身を確認しないと判断出来ない場合もありますよね。

まず変な匂いがする事です。

そして表面にハリが無く、シワしわになっている事。

そして柔らかくなっている事です。

また皮が茶色く変色しているのも、腐っているりんごの見分け方となります。

あとがき

りんごが嫌いな方は少なく、どの家庭においても1個はおいてありますよね。

そんなフレッシュなりんごを美味しく味わう為にも、しっかりとした保存方法が重要となるのです。

特に冷凍保存は長期間の保存だけでなく、お菓子やカレーの材料としても使用出来るので、おススメの方法となってきます。

▶ りんごの変色の原因と防ぐ方法を考える



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください